ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

「関ジャム」劇団四季ロングラン公演の秘密を探る、ディズニーメドレーも

631

テレビ朝日系「関ジャム 完全燃SHOW」より左から厂原時也、齋藤舞。(c)テレビ朝日

テレビ朝日系「関ジャム 完全燃SHOW」より左から厂原時也、齋藤舞。(c)テレビ朝日

本日2月18日23:10からテレビ朝日系で放送される「関ジャム 完全燃SHOW」で、劇団四季が特集される。

1998年からミュージカル「ライオンキング」をロングラン公演し、通算1万1000回以上も上演している劇団四季。今回は、“経営システム”“俳優養成”“技術スタッフ”の3つに焦点を当てながら、ロングラン公演を支える仕組みを探る。なおスタジオには劇団四季より青山弥生、道口瑞之、厂原時也、齋藤舞のほか、技術部の近藤建吾部長が登場する。

またジャムセッションのコーナーでは厂原と齋藤が関ジャニ∞の演奏に乗せ、ディズニーメドレーを披露。「リトル・マーメイド」より「パート・オブ・ユア・ワールド」、「ライオンキング」より「愛を感じて」をバンドアレンジで歌唱する。

テレビ朝日系「関ジャム 完全燃SHOW」

2018年2月18日(日)23:10~24:05

ステージナタリーをフォロー