ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

アルバム曲盛りだくさん!「東京ゲゲゲイ歌劇団」第2弾、東京公演スタート

1658

「キテレツメンタルワールド『東京ゲゲゲイ歌劇団 Vol.II』」ゲネプロより。(photo by ARISAK)

「キテレツメンタルワールド『東京ゲゲゲイ歌劇団 Vol.II』」ゲネプロより。(photo by ARISAK)

「キテレツメンタルワールド『東京ゲゲゲイ歌劇団 Vol.II』」の東京公演が、本日1月17日に東京・よみうり大手町ホールで開幕。これに先駆け、本日ゲネプロが行われた。

本公演は、2016年11月に上演された「東京ゲゲゲイ歌劇団」の第2弾。MIKEYこと牧宗孝率いる東京ゲゲゲイのメンバーのほか、ヒューマンビートボクサーのRyoTracks、ラッパーのSEIYAの2人を迎え、昨年2017年12月にリリースされた2ndアルバム「再生パッション」の収録曲を中心としたレビューショーを繰り広げる。

術衣に身を包んで登場したゲゲゲイの5人はまず、「罪と罰」でクールなダンスを披露。続いて、RyoTracksのヒューマンビートボックスのパフォーマンスに合わせたメンバー紹介のコーナーへ。ここでは坊主頭がトレードマークのBOWが、観客にコール&レスポンスを求めながら軽快なトークでステージをリードする。

女学生のコスチュームに着替えた5人は、メンバーが自転車で疾走するMVで知られる「さよならダーリン」を歌唱。さらに、「ゲゲゲの鬼太郎」をモチーフとした「ゲゲゲイの鬼太郎」、YUYUのソロナンバー「神様」や、MARIEが初めて作詞を担当した「泥棒」、燕尾服をまとった4人の中心でMIKEYが歌い踊る「ダンスが僕の恋人」といったナンバーが次々と披露された。

MIKEYの歌声や5人のキレのあるダンスはもちろん、背面に投影される映像とパフォーマンスを融合させた演出や、それぞれの楽曲のコンセプトに合わせたビビッドな衣装なども見どころとなっている。東京公演は1月21日まで。その後、2月16日には大阪・梅田CLUB QUATTROで大阪公演が行われる。

「キテレツメンタルワールド『東京ゲゲゲイ歌劇団 Vol.II』」

2018年1月13日(土)※終了
長野県 まつもと市民芸術館 主ホール

2018年1月17日(水)~21日(日)
東京都 よみうり大手町ホール

2018年2月16日(金)
大阪府 梅田CLUB QUATTRO

演出・脚本:牧宗孝(MIKEY from 東京ゲゲゲイ
振付・出演:東京ゲゲゲイ
音楽:牧宗孝、安宅秀紀

ステージナタリーをフォロー