ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

コンブリ団の代表作「ムイカ」再び、原爆投下で変容していく日常を描く

74

コンブリ団 その10「『ムイカ』再び」ビジュアル

コンブリ団 その10「『ムイカ』再び」ビジュアル

コンブリ団「『ムイカ』再び」が、2月23日から25日まで大阪・八尾市文化会館 プリズムホールで上演される。

本作は2009年に初演された、はしぐちしん率いるコンブリ団の代表作。第17回OMS戯曲賞大賞を受賞し、2012年に再演された。今回は6年ぶりに、新演出・新キャストで上演される。

はしぐちが幼少期を過ごした広島での体験をベースに、8月6日の原爆投下により日常が変容していくさまが描かれる。2月24日14:00開演回終演後には、作家でエッセイストの田口ランディをゲストに迎えたトークイベント「広島について核について」を開催。なお本作は、5月から東京・広島・三重の3都市を巡るツアー公演が予定されている。

コンブリ団 その10「『ムイカ』再び」

2018年2月23日(金)~25日(日)
大阪府 八尾市文化会館 プリズムホール

※5月より東京・広島・三重の3都市ツアー予定。

作・演出:はしぐちしん
出演:香川倫子、佐藤あい、はしぐちしん / 広田ゆうみ、豊島由香

ステージナタリーをフォロー