ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

いのうえ版「近松心中物語」堤&宮沢、燃え上がる男女の情念と愛を表現

180

シス・カンパニー公演「近松心中物語」より。(撮影:宮川舞子)

シス・カンパニー公演「近松心中物語」より。(撮影:宮川舞子)

シス・カンパニー公演「近松心中物語」が、本日1月10日に東京・新国立劇場 中劇場にて開幕する。

秋元松代原作、蜷川幸雄演出により1979年に初演された「近松心中物語」。今回演出を担当するのは、2009年に上演されたシス・カンパニー主催公演「怪談 牡丹燈籠」と、13年の「今ひとたびの修羅」を手がけた劇団☆新感線・いのうえひでのりだ。作中では、燃え上がる男女の情念と愛が描かれ、忠兵衛役を堤真一、梅川役を宮沢りえ、与兵衛役を池田成志、お亀役を小池栄子が演じる。このほか市川猿弥立石涼子小野武彦銀粉蝶といった多彩な面々が出演。また演歌歌手の石川さゆりが、本公演のイメージソングを担当している。

開幕に際し、演出のいのうえは「気心の知れた堤くんやりえちゃんたちと一緒に、僕たちのリズムとやり方で、新しい『近松心中物語』が作れたのではないか、と思っています」と手応えを語り、堤は「信頼できるメンバーたちと創る現代演劇としての『近松心中物語』を皆さんにお見せしたいです」とコメント。宮沢は「最初に創られた蜷川さんをリスペクトしながら、私たち全員が同じ熱量で新しい物語を成立させれば、お客様の記憶に深く刻まれる作品にできる、と思っています」と思いを明かした。公演は2月18日まで。

いのうえひでのりコメント

「いのうえは、あの『近松』をどう見せてくれるのか……」という皆さんからの無言のプレッシャーをヒシヒシと感じながら、日々稽古に臨んできました。何と言っても、「近松心中物語」は、まさに「蜷川スペクタクル演出」の真骨頂であり、「蜷川歌舞伎」とも言える様式美がありました。そこはあえて抵抗せず、リスペクトしながら、僕なりの形で継承したいと考えています。物語の主軸は、二組のカップルが心中へと向かうまでのシンプルでストレートな話。
とてもスピーディな展開に笑いもあります。それを気心の知れた堤くんやりえちゃんたちと一緒に、僕たちのリズムとやり方で、新しい「近松心中物語」が作れたのではないか、と思っています。

堤真一コメント

「愛を貫くために死を選ぶ」という決断が、現代のお客様に果たして納得していただけるのか、、、
それが稽古前に考えていた課題でした。物語自体もシンプルで、出会ってすぐに恋に落ちて、身請けのために公金に手を付けて、心中へと突き進むという三段跳び的な唐突感もある展開(笑)。もちろん、りえちゃんが美しいので、一目惚れの設定には一番説得力がありますが(笑)、忠兵衛の心情面では、僕自身の中でロジックをきちんともって、忠兵衛と梅川の心の動きに真実味をしっかりと見せられるよう心がけて稽古を積み重ねてきました。いよいよ開幕です。いのうえさんと信頼できるメンバーたちと創る現代演劇としての「近松心中物語」を皆さんにお見せしたいですね。

宮沢りえコメント

秋元松代さんの台詞はとても綺麗でストレート。いのうえさん演出の独特の“魅せる”表現の仕方もあり、稽古に入る前までは、実は、少し気恥ずかしさも感じていたんです。これを自分のものにするには、相当のパワーが必要だと覚悟していました。でも、稽古を重ね、堤さんたちと台詞を重ねていくうちに、これは、梅川の人生の中で、心から血を流しながらも清らかな水のように出てくる言葉なのだと、自然に腑に落ちてきました。忠兵衛・梅川の純愛を、私たちの演技で感じてもらえるようにしたいですね。また、最初に創られた蜷川さんをリスペクトしながら、私たち全員が同じ熱量で新しい物語を成立させれば、お客様の記憶に深く刻まれる作品にできる、と思っています。

シス・カンパニー公演「近松心中物語」

2018年1月10日(水)~2月18日(日)
東京都 新国立劇場 中劇場

作:秋元松代
演出:いのうえひでのり
出演:堤真一宮沢りえ池田成志小池栄子 / 市川猿弥立石涼子小野武彦銀粉蝶 / 大原康裕、山崎美貴、林祐太朗、池田倫太朗、頼経明子、陳内将大久保祥太郎山田悠介、伊藤安那、内藤裕志、三原玄也、本多遼、花柳喜衛文華、藤間京之助、花柳寿紗保美、花柳真珠李、彦坂文香、積田裕和、吉野実紗、高柳絢子、駒井健介、紗代、川口未央、大野香織、金松彩夏、江利智広、川手祥太、宮本翔太、川畑皐太、武内弘明、谷村海人、豊島稜久、中沢翼、難波真希、星野太希、堀本光、青地萌、久家千乃

※高柳絢子の「高」ははしご高が正式表記。

ステージナタリーをフォロー