ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

男劇団 青山表参道X初イベント、塩野瑛久&西銘駿が2018年の抱負語る

425

「男劇団 青山表参道X 1st Fan Event X’masParty」の様子。

「男劇団 青山表参道X 1st Fan Event X’masParty」の様子。

男劇団 青山表参道Xによるイベント「男劇団 青山表参道X 1st Fan Event X’masParty」が、昨日12月25日に東京・原宿クエストホールにて行われた。

去る11月に発足した男劇団 青山表参道Xは、芸能事務所オスカープロモーション初の男性エンタテインメント集団。劇団には同事務所の若手俳優30人が所属しており、リーダーを栗山航、副リーダーを塩野瑛久が務めている。

劇団初のイベントでは、ゲーム大会やクリスマス抽選会、記念撮影が行われたほか、最後にはメンバー全員によるお見送りハイタッチも。イベントでMCを務めた塩野は「多くの方に支えられているんだと実感しましたし、充実した時間を過ごせました。来年は男劇団 青山表参道Xが本腰を入れる年です。今回のイベントのようにお客様に自分たちの素の部分も知ってもらうのも大切ですが、舞台公演などで自分たちの芝居もご覧いただいて、自分たちの持っているパワーなども生で感じて欲しいです。引き続きよろしくお願いします」と抱負を述べる。

またメンバーの西銘駿は「初イベントと思えないほど大盛況で、ファンの温かさと笑顔を見ることができて、素敵なイベントになったと思います」「切磋琢磨してグループとしても個々でも飛躍した年にしたいですね」と意気込みを語った。

ステージナタリーをフォロー