ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

青山表参道Xの第2回公演が開幕、栗山航「旗揚げ公演時の気持ち繋げたい」

79

男劇団 青山表参道X 第2回公演「ENDLESS REPEATERS -エンドレスリピーターズ-」の出演者。

男劇団 青山表参道X 第2回公演「ENDLESS REPEATERS -エンドレスリピーターズ-」の出演者。

男劇団 青山表参道X「ENDLESS REPEATERS -エンドレスリピーターズ-」が、明日7月20日に東京・品川プリンスホテル クラブeXで開幕する。これに先駆け、昨日18日に囲み取材とフォトコールが劇場で行われた。

「ENDLESS REPEATERS」は、昨年6月に旗揚げ公演を行った男劇団 青山表参道Xの第2回公演。川尻恵太を脚本・演出に迎えた本作では、同劇団のメンバーがルビー、サファイア、エメラルドの3チームに分かれ、4人1組でオリジナルの密室劇に挑む。またすべての公演に“5人目”として、日替わりゲストが登場する。

囲み取材には、チームルビーから栗山航飯島寛騎、チームエメラルドから定本楓馬、チームサファイアから塩野瑛久西銘駿、そして日替わりゲストとして出演する奥野壮が出席。まず劇団リーダーの栗山は「第2回公演というのはすごく大事だと思っていて、大成功で終わった旗揚げ公演の時の気持ちをそのまま本公演に繋げていきたい」と言葉に力を込め、続く定本は「この1年間でこれだけ成長したんだという姿を見せたいです」と抱負を述べた。

塩野は「今回は3チーム編成ですが、それぞれ違う良さを持ったチームの“色”ができている。そういった点も楽しんでもらえたら」とコメントし、「ぜひ3チームそれぞれの公演を見比べていただきたいですね。『もう1公演観たい』と思ってもらえるよう頑張ります」と来場を呼びかける。塩野の話に呼応した飯島は、「3チーム制に加えて、今作には日替わりゲストも登場します。ストーリーは一緒でも、チームとゲストの組み合わせによって全く違う舞台になるんじゃないかと」と見どころに触れた。

西銘は「歌もダンスもあるので、やっぱり緊張やプレッシャーがあります」と明かしつつ、「でも稽古から全力で取り組んできたので、他のチームに負けないようにしたいです!」と気合十分な様子を見せる。また今回、劇団公演に初出演する奥野は「皆さんから良いところを吸収しながら、影で支えるような芝居がしたい」と意気込みを語った。

本作が360度を客席に囲まれた円形ステージで上演されることについて、栗山は「僕自身、初めての経験。このステージを生かした演出を(川尻に)つけていただいたので、それを楽しんで演じていきたい」と述べ、定本は「今回、僕たちはほとんどステージから捌けないので、常にお客様から見られている状態。少しも気を抜けないという意味では普段の舞台より難しいところではありますが、がんばります」と決意を新たにした。

上演時間は休憩なしの約1時間45分。公演は7月28日まで。

男劇団 青山表参道X 第2回公演「ENDLESS REPEATERS -エンドレスリピーターズ-」

2019年7月20日(土)~28日(日)
東京都 品川プリンスホテル クラブeX

脚本・演出:川尻恵太

出演

ルビー:飯島寛騎栗山航小沼将太、立花裕大
サファイア:西銘駿塩野瑛久、村上由歩、松本健太
エメラルド:定本楓馬中村嘉惟人湯本健一、長田翔恩
日替わりゲスト:水江建太奥野壮岩田知樹 ほか

ステージナタリーをフォロー