劇団民藝が2018年上演ラインナップを発表

17

劇団民藝が2018年上演ラインナップを発表した。

劇団民藝、稽古場の外観。

劇団民藝、稽古場の外観。

大きなサイズで見る(全6件)

劇団民藝ロゴ

劇団民藝ロゴ[拡大]

2018年2月から3月に上演されるのは、木下順二作「神と人とのあいだ」。2部作を一挙上演し、第1部「審判」を兒玉庸策、第2部「夏・南方のローマンス」を丹野郁弓が演出する。続けて6月には佐藤五月作「ペーパームーン(仮題)」を中島裕一郎の演出で、9月から10月にかけては黒川陽子作「時を接ぐ(仮題)」を丹野の演出で上演。また12月に丹野の演出で上演される斎藤憐作「グレイクリスマス」には、岡本健一が客演する、

このほか、奈良岡朋子一人舞台「黒い雨」や、「アンネの日記 プロローグとエピローグのある二幕」「SOETSU」「大正の肖像画」「光の国から僕らのためにー金城哲夫伝ー」の地方公演が予定されている。

この記事の画像(全6件)

劇団民藝 2018年上演作品

「神と人とのあいだ」

2018年2月24日(土)~3月10日(土)
東京都 紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA

作:木下順二
演出:「審判」兒玉庸策 / 「夏・南方のローマンス」丹野郁弓
出演:「審判」内藤安彦水谷貞雄伊藤孝雄、安田正利 ほか / 「夏・南方のローマンス」桜井明美、中地美佐子、齊藤尊史、塩田泰久 ほか

「ペーパームーン(仮題)」

2018年6月
東京都 紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA

作:佐藤五月
演出:中島裕一郎 
出演:樫山文枝、桜井明美、西川明 ほか

「時を接ぐ(仮題)」ー岸富美子 石井妙子「満映とわたし」(文藝春秋刊)よりー

2018年9月~10月
東京都 紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA

作:黒川陽子
演出:丹野郁弓 
出演:日色ともゑ ほか

「グレイクリスマス」

2018年12月
東京都 三越劇場

作:斎藤憐 
演出:丹野郁弓 
出演:中地美佐子、神保有輝美、塩田泰久、岡本健一 ほか

奈良岡朋子一人舞台「黒い雨」

原作:井伏鱒二 
上演台本:笹部博司 
演出:丹野郁弓 
出演:奈良岡朋子

全文を表示

関連記事

劇団民藝のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 劇団民藝 / 丹野郁弓 / 内藤安彦 / 水谷貞雄 / 伊藤孝雄 / 桜井明美 / 樫山文枝 / 日色ともゑ / 斎藤憐 / 岡本健一 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします