活弁士の語りと生演奏で彩る、無声映画の野外上映「エンパクシネマ」

71

10月24日に東京・早稲田大学演劇博物館で映画上映会「エンパクシネマ」が行われる。

「エンパクシネマ」チラシ

「エンパクシネマ」チラシ

大きなサイズで見る(全7件)

このイベントでは演劇博物館前の舞台に特設スクリーンを設置し、無声映画を上映。作品はチャーリー・チャップリンの短編「チャップリンの消防夫」、初期日本映画の貴重な作品「生さぬ仲」、尾上松之助主演の「雷門大火 血染めの纏」の3本がラインナップされており、上映時にはパフォーマンスユニット・映楽四重奏による生演奏と語りも行われる。

この記事の画像(全7件)

エンパクシネマ

2017年10月24日(火)
東京都 早稲田大学演劇博物館
OPEN 18:00 / START 18:30
※入場無料。

全文を表示

関連記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 チャーリー・チャップリン / 尾上松之助 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします