ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

文学と演劇の出会い、池澤夏樹×野村萬斎の新作狂言「鮎」会見に“鮎”登場

175

鮎に扮した俳優の登場に、笑顔を見せる野村萬斎(左)と池澤夏樹(右)。

鮎に扮した俳優の登場に、笑顔を見せる野村萬斎(左)と池澤夏樹(右)。

国立能楽堂 特別企画公演 新作狂言「鮎」の制作発表会見が、本日9月22日に東京・国立能楽堂で行われ、原作者の池澤夏樹、演出・補綴を手がける野村萬斎が出席した。

海外の民話をもとにした池澤の短編小説「鮎」を狂言として上演する本作。狂言好きであり、六世・野村万蔵のファンだったという池澤は「狂言の題材を選ぶにあたって、『蚊相撲』を『ゴジラ相撲』にできないかとか、『ヒアリ山伏』なんていうのはどうかなど、いろいろ考えたがなかなか決まらなかった。そんなとき、自分が昔書いた『鮎』という作品があったのを思い出して、これを題材にしてみようと思い立ったんです」と執筆時のエピソードを披露。「台本に狂言の所作を書き加えてみたものの、そこには身体性がないんですよね。私は文筆の人間ですから。そこで萬斎さんに相談しているうちに、『鮎を出してしまおう』ということになって。今作には1匹の大鮎と5匹の小鮎が出ます(笑)。理屈っぽくなりがちなところを抑えて、何とか台本を仕上げることができました」と安堵の表情を浮かべる。また池澤は読み合わせにも立ち会ったといい、「萬斎さんは、たくさんのツールとガジェットを声と身体に持っている。それを使い分ける技量に感動しました」と萬斎を絶賛した。

一方の萬斎は「あまり台本に(情報を)書き込み過ぎると『(狂言を観るより)先生の小説を読んだほうが面白いじゃないか』ということになるので、余白を残していただきたいと僭越ながらお願いしました。読んで面白いものは、読み物として成立していたほうがいいですからね」と狂言師としてのこだわりを明かす。また、「『鮎』は狂言にしては長編になりそうな感触。楽しく、深く、でもやっぱり狂言だなという爽快感のある作品にできれば。機会があれば再演やツアー公演も実施したいですし、海外に持っていける作品にできたらなと思います。夢は広がりますね」と意欲を見せた。

会見後に行われたフォトセッションには、鮎に扮した俳優が登場。「彼は大鮎ですか?」という報道陣の問いに、萬斎が「小鮎です」と返すと、会場は温かい笑いに包まれた。公演は12月22・23日に東京・国立能楽堂にて。

国立能楽堂 特別企画公演 新作狂言「鮎」

2017年12月22日(金)・23日(土・祝)
東京都 国立能楽堂

作:池澤夏樹
演出・補綴:野村萬斎
出演:野村萬斎、石田幸雄、深田博治、月崎晴夫、高野和憲、内藤連、中村修一、飯田豪

ステージナタリーをフォロー