かはづ書屋、浜尾四郎の「殺人鬼」原案の探偵論争劇を上演

43

かはづ書屋「巨獣(ベヒモス)の定理」が9月6日から11日に、東京・SPACE梟門にて上演される。

かはづ書屋「巨獣(ベヒモス)の定理」チラシ表

かはづ書屋「巨獣(ベヒモス)の定理」チラシ表

大きなサイズで見る(全2件)

裁判記録や文学作品を素材にした作品作りを行っている同ユニット。今回は、浜尾四郎作「殺人鬼」を原案に、事件を作中とは異なる視点から描く。時代は1931年4月。帝都東京に邸宅を構える事業家一族・秋川家には次々と脅迫状が届き、暗雲が立ち込める。当主と令嬢がそれぞれ探偵に調査を依頼するが、ついに惨劇が起きてしまい……。脚本・演出を、十七戦地の柳井祥緒が手がける。

この記事の画像(全2件)

かはづ書屋「巨獣(ベヒモス)の定理」

2017年9月6日(水)~11日(月)
東京都 SPACE梟門

原案:浜尾四郎「殺人鬼」
脚本・演出:柳井祥緒
出演:森尾繁弘、島田雅之、市川歩、遊佐邦博、田中千佳子北川義彦、井川花林、小島明之、黒沢佳奈

全文を表示

かはづ書屋のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 かはづ書屋 / 柳井祥緒 / 北川義彦 / 田中千佳子 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします