ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

宙組次期トップコンビは真風涼帆&星風まどか、2018年1月にお披露目公演

463

宝塚歌劇宙組の次期トップコンビが決定。トップスターを真風涼帆、トップ娘役を星風まどかがそれぞれ務めることが明らかになった。

真風は2006年「ミュージカル『NEVER SAY GOODBYE』-ある愛の軌跡-」で初舞台を踏み、同年5月に星組に配属。2009年「Musical『My dear New Orleans(マイ ディア ニューオリンズ)』-愛する我が街-」で新人公演初主演、11年「バウ・ミュージカル『ランスロット』」で宝塚バウホール公演初主演を務め、15年に宙組に組替えされた。一方の星風は2014年「日本絵草紙『宝塚をどり』」で初舞台。2015年に宙組に配属され、同年「グランド・ロマンス『王家に捧ぐ歌』-オペラ『アイーダ』より-」新人公演で初ヒロインを務めた。なお新トップコンビのお披露目公演は、2018年1月12日に東京・東京国際フォーラム ホールCに初日を迎える宙組公演となる。

現トップスターの朝夏まなとは、11月19日に東京・東京宝塚劇場で上演される「ミュージカル・プレイ『神々の土地』~ロマノフたちの黄昏~」「レヴューロマン『クラシカル ビジュー』」の千秋楽をもって退団予定。宙組では実咲凜音の退団後、固定的なトップ娘役を設けていなかった。

ステージナタリーをフォロー