ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

「剣豪将軍義輝」後編、染谷俊之「100人斬ってます」佐藤アツヒロは殺陣を封印

532

「剣豪将軍義輝~星を継ぎし者たちへ~」ゲネプロより。

「剣豪将軍義輝~星を継ぎし者たちへ~」ゲネプロより。

「剣豪将軍義輝~星を継ぎし者たちへ~」が、昨日6月8日に東京・EX THEATER ROPPONGIで開幕。これに先がけて同日、公開ゲネプロと囲み取材が行われた。

宮本昌孝の長編歴史小説を原作とした「剣豪将軍義輝」は、教科書には載らないような歴史上の出来事を面白く表現する「もっと歴史を深く知りたくなるシリーズ」の第3弾。征夷大将軍でありながら、自ら戦場で戦った足利義輝の半生を描く本作は、昨年2016年12月に上演された「剣豪将軍義輝~戦国に輝く清爽の星~」の後編にあたる。

義輝を演じるのは染谷俊之。その陰で天下を狙う三好長慶を山崎樹範、明智十兵衛光秀を瀬川亮が演じる。後編は、義輝が秘剣“一ノ太刀”を会得した直後から物語が始まる。新キャストである織田信長役の細貝圭と松平元康(徳川家康)役の杉江大志は、心の奥底に潜む野心を表現。これから始まる戦国時代の幕開けを感じさせた。

混乱の世を裏で操る黒幕であり、義輝の最大の脅威となる松永弾正久秀を演じるのは佐藤アツヒロ。仲間の命を大切にする義輝に対し、周囲を信用しない久秀を佐藤は冷徹に熱演した。終盤にかけては主要キャストによる立ち回りが展開。平穏な世を願う義輝の仲間たちが次々と倒され、無数の敵勢を相手に、義輝はたった1人で大立ち回りを繰り広げる。また秘剣“一ノ太刀”も見どころとなっている。

ゲネプロ後の囲み取材には主要キャストが登壇。染谷は初日を迎え「今日までみんなで考え抜いて稽古をしてきたので、早く全力のステージをお見せしたいです!」と述べる。また大立ち回りについて「ちょうど100人斬ってます。これだけの人数を一気に斬る殺陣は初めてで、まだまだ改善しないといけない部分はありますが、気持ちで挑みたいと思います」と意気込みを語った。それに対して山崎は「みんな全力でがんばっていて汗だくなのに、僕だけ汗をかかないんですよ。だって、全然動かないから!」と笑いを誘った。

前作に続いて出演する加藤梨里香は、役柄が義輝の恋人から妻へと変化。「ずっと綺麗な格好をさせていただいているので気分がいいです」と語り、「役としても、無邪気なところを残しつつ、可憐な大人の女性の姿もお届けできたらなと思ってます」と意気込んだ。続いて、梅花を演じる星野真里は、「前作同様、殺陣をやらせていただけて、うれしく思ってます。それと少しだけ恋愛の要素も描いていただいて。恋が始まる前のもどかしい気持ちを楽しみながら演じたいと思います」と目を輝かせる。

また、後編からの参加となる佐藤は、得意の殺陣を封印した久秀について「とても難しい役です」とコメント。さらに「改めてお芝居というものを勉強させてもらってます」と述べた。細貝は「織田信長を演じさせてもらえる機会はそうそうないのでうれしく思っています」と笑顔を見せ、杉江は「家康というと知略に長けた方という印象が強いんですが、若い頃は待つ強さを持った方だったんだなと感じました」と発見を語る。

最後に、座長を務める染谷が「若い頃の織田信長、豊臣秀吉、徳川家康などが出てきて、歴史ファンの方でも楽しめるのも魅力です」と見どころをアピール。「観に来てくださった方々の心にずっと残るような作品にしたいと思いますので、ぜひ観に来てください!」と観客に呼びかけた。

「剣豪将軍義輝~星を継ぎし者たちへ~」

2017年6月8日(木)~18日(日)
東京都 EX THEATER ROPPONGI

原作:宮本昌孝「剣豪将軍義輝」(徳間文庫刊)
脚本:鈴木哲也
演出:大関真
出演:染谷俊之 / 加藤梨里香、山本匠馬石井智也瀬川亮 / 寿里白又敦輝山立 / 星野真里 / 細貝圭井深克彦杉江大志、奥谷知弘 / 大堀こういち武智健二本間剛北代高士 / 山崎樹範 / 佐藤アツヒロ / 吉田晃太郎、佐藤賢一 / 大穂恭平、栗原功平、堀田勝、山田大生、赤石ノブ、伊藤俊佐藤義夫菅原健志、大岩剣也、田中領、五代了平、我孫子宏輔、半澤友美齋藤久美子、塚越志保、倉知あゆか

(c)Masataka Miyamoto/徳間書店 (c)「もっと歴史を深く知りたくなるシリーズ」製作委員会

ステージナタリーをフォロー