ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

赤坂大歌舞伎「夢幻恋双紙」に蓬莱・勘九郎・七之助が自信、切り絵にピアノも

604

「赤坂大歌舞伎 新作歌舞伎『夢幻恋双紙 赤目の転生』」取材より。上段左から中村いてう、市川猿弥、中村亀鶴、中村鶴松。下段左から片岡亀蔵、中村勘九郎、蓬莱竜太、中村七之助。

「赤坂大歌舞伎 新作歌舞伎『夢幻恋双紙 赤目の転生』」取材より。上段左から中村いてう、市川猿弥、中村亀鶴、中村鶴松。下段左から片岡亀蔵、中村勘九郎、蓬莱竜太、中村七之助。

「赤坂大歌舞伎 新作歌舞伎『夢幻恋双紙(ゆめまぼろしかこいぞうし) 赤目の転生』」が明日4月6日に開幕。これに先がけ、本日4月5日には公開稽古が行われた。

2008年に故・中村勘三郎の「芸能の街・赤坂で歌舞伎を!」というひと声から始まった赤坂大歌舞伎。5回目となる今回は、初の新作となる「夢幻恋双紙 赤目の転生」をモダンスイマーズ・蓬莱竜太の作・演出で展開する。稽古前には蓬莱と、出演者の中村勘九郎中村七之助市川猿弥中村鶴松、中村いてう、中村亀鶴、片岡亀蔵が、やる気に満ちた表情で取材に応じた。

蓬莱は「歌舞伎と演劇、両方をミックスした作品になっているので、この融合は見ものかと。演劇のお客さんが観ると歌舞伎の面白さを十分に堪能できるし、歌舞伎のお客さんが観ると、演劇の面白さも味わえるんじゃないかな」とアピール。勘九郎も「蓬莱さんの本がまず素晴らしい。そして松井るみさんの美術が、作品の世界観にものすごくマッチしています。耳(セリフ)でも目(装置)でも楽しめる、演劇としてすごく完成度の高い作品になりました」と期待を煽る。

劇中、切り絵やピアノが登場するということも明かされ、勘九郎が「エレキギターやトランペットは取り入れたことがあるのですが、ピアノはまだだったと稽古場で流してみたところ、感情移入し過ぎて引っ張られてしまった。こんなに歌舞伎とピアノは合うんだと驚きました。切り絵は生で観ていただかないと……。可愛いですし、儚げです。早く皆さんに観てもらいたい」と説明。開幕が待ちきれないといった様子だ。

七之助は「稽古を積んでまいりましたので、万全な状態で初日を迎えるよう一生懸命やらせていただきます」と挨拶。続けて「お客さんの反応を早く知りたい。それが今、何よりの楽しみ」(亀蔵)、「ドキドキがとまらない」(いてう)、「早くお客さんの感想を知りたい」(猿弥)、「蓬莱さんに2作目、3作目を作ってもらえるような、お客さんの反応を期待しています。というか、させるつもりです」(亀鶴)と共演者たちも瞳を輝かせる。鶴松が、「素晴らしいお兄様たちのもとで、大きなお役をやらせていただけること、うれしく思います……」とコメントすると、勘九郎が「全然思ってない」とツッコみを入れ、鶴松があわてて「思ってます!(笑)」と返す一幕も。この流れを受け、記者から鶴松に直してほしいところを質問された七之助は、「チャラチャラしないで1つひとつの恋愛をしっかりしてほしいな。相席屋ばっかり行ってないで」と暴露する。勘九郎や猿弥がざわつき始めると、鶴松は「2回くらいしか行ってないです!」と自ら告白。息の合った掛け合いで記者たちの笑いを誘った。

本作は、勘九郎演じる気が弱い太郎と七之助演じる歌子を巡る5幕物の物語。太郎は決して不幸にさせないと歌と夫婦になるが、数年後の2人の生活は散々なものだった。太郎は歌を幸せにするために転生を繰り返す。生まれ変わった太郎は、果たして歌を幸せにできるのか……。上演時間は途中休憩ありの約2時間40分。当日券は、各回開演の60分前より、会場の当日券窓口にて販売される。

「赤坂大歌舞伎 新作歌舞伎『夢幻恋双紙 赤目の転生』」

2017年4月6日(木)~25日(火)
東京都 TBS赤坂ACTシアター

作・演出:蓬莱竜太
出演:中村勘九郎中村七之助市川猿弥中村鶴松、中村いてう、中村亀鶴、片岡亀蔵 ほか

ステージナタリーをフォロー