ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

「黒子のバスケ」第2弾、花宮真は太田基裕!「エグく演じていきたい」

3882

6月から7月にかけて上演される「舞台『黒子のバスケ』OVER-DRIVE」のティザービジュアルが解禁。また全キャストが発表された。

ティザービジュアルには、小野賢章演じる黒子テツヤ、安里勇哉演じる火神大我、河合龍之介演じる木吉鉄平、太田基裕演じる花宮真の4人が登場。今回が初出演となる河合は「木吉らしいポジティブさでこの舞台と誠凛を支えたいです!」とコメントし、同じく初登場の太田は「楽しみながら、外道な彼らしさを掘り下げて、エグく演じていきたいです」と意気込みを語っている。このほか誠凛高校・伊月俊役の松井勇歩、秀徳高校・宮地清志役の上原一翔、霧崎第一高校・瀬戸健太郎役の増山祥太らが新キャストとして参加することも明らかになった。

藤巻忠俊のマンガを原作とした舞台「黒子のバスケ」。その第2弾となる本作では、脚本を羊とドラコの竜崎だいちが務め、演出を前作同様、柿喰う客の中屋敷法仁が担当する。公演は6月22日から7月9日まで東京・AiiA 2.5 Theater Tokyo、7月13日から17日まで大阪・森ノ宮ピロティホールにて。

太田基裕コメント

花宮真は、非常にアクの強い人物で、僕がこれまで演じたことがない役です。楽しみながら、外道な彼らしさを掘り下げて、エグく演じていきたいです。

河合龍之介コメント

スポーツを演劇で表現すると、技術を越えたところに飛べる瞬間があります。それをまた味わいたいですし、木吉らしいポジティブさでこの舞台と誠凛を支えたいです!

「舞台『黒子のバスケ』OVER-DRIVE」

2017年6月22日(木)~7月9日(日)
東京都 AiiA 2.5 Theater Tokyo

2017年7月13日(木)~17日(月・祝)
大阪府 森ノ宮ピロティホール

原作:藤巻忠俊(「黒子のバスケ」集英社 ジャンプ コミックス刊)
脚本:竜崎だいち
演出:中屋敷法仁

出演

誠凛高校

黒子テツヤ:小野賢章
火神大我:安里勇哉
日向順平:牧田哲也
伊月俊:松井勇歩
木吉鉄平:河合龍之介
小金井慎二:阿部快征
土田聡史:鍛治本大樹
相田リコ:田野アサミ

海常高校

黄瀬涼太:黒羽麻璃央
笠松幸男:松村龍之介
森山由孝:和合真一
早川充洋:平野宏周

秀徳高校

緑間真太郎:畠山遼
高尾和成山田ジェームス武
大坪泰介:Spi
宮地清志:上原一翔

桐皇学園高校

青峰大輝:小沼将太
今吉翔一:林明寛
若松孝輔:松藤和成
桜井良:赤楚衛二
桃井さつき:杉ありさ

霧崎第一高校

花宮真:太田基裕
瀬戸健太郎:増山祥太
古橋康次郎:石賀和輝
原一哉:田中穂先

(c)藤巻忠俊/集英社・舞台「黒子のバスケ」製作委員会

ステージナタリーをフォロー