MONO・土田英生、宮崎県立芸術劇場プロデュース公演「板子乗降臨」の脚本担当

51

MONO代表の土田英生が脚本、劇団こふく劇場代表の永山智行が演出を手がける「板子乗降臨」が、2017年2月15日から19日まで宮崎・メディキット県民文化センター イベントホールにて上演される。

「新 かぼちゃといもがら物語 #1『板子乗降臨』」チラシ表

「新 かぼちゃといもがら物語 #1『板子乗降臨』」チラシ表

大きなサイズで見る(全2件)

これは、宮崎に生きる人々の営みが描かれる「新 かぼちゃといもがら物語」シリーズの第1弾。“外から見た宮崎”をテーマに掲げた宮崎県立芸術劇場が、県内外の制作スタッフを起用するプロデュース公演で、今回は京都を拠点に活動する土田の脚本を、宮崎で演劇活動をしている永山が演出する。

取材で宮崎に滞在した土田は「極楽のような場所だった」と振り返りつつも、「裂け目のむこうには闇が広がっていた。その闇は人が集まっていれば、必然的に存在する。板子乗=サーファーを宮崎に降臨させて、その闇を面白く描きたい」とコメント。宮崎県内のとある町を舞台に、製薬会社研究施設の建設反対を唱える1人の移住サーファーをめぐって、地元住民の関係性が崩れていく様子が描かれる。

神奈川県から移住してきたサーファー役を渡部豪太が演じるほか、キャストには範宙遊泳熊川ふみ、宮崎拠点のぐるーぷ連より実広健士、FUKAIPRODUCE羽衣日高啓介ら多彩な顔ぶれが揃っている。

土田英生コメント

作品取材のために宮崎に滞在した。どこまでも広がる海があり、緑豊かな山があり、のどかな人々が暮らしていた。極楽のような場所だった。そりゃ神様だって降臨するよ、と思った。けれど、裂け目のむこうには闇が広がっていた。その闇は人が集まっていれば、必然的に存在する。板子乗=サーファーを宮崎に降臨させて、その闇を面白く描きたい。演劇の神様が降臨することを願っている。

この記事の画像(全2件)

「新 かぼちゃといもがら物語 #1『板子乗降臨』」

2017年2月15日(水)~19日(日)
宮崎県 メディキット県民文化センター イベントホール

脚本:土田英生
演出:永山智行
出演:渡部豪太熊川ふみ / 実広健士、日高啓介河内哲二郎、あべゆう、酒瀬川真世、大迫紗佑里

※日高啓介の「高」は、はしごだかが正式表記。

関連記事

リンク