ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

夏木マリ印象派NEO3年ぶり新作の振付に井手茂太や牧宗孝ら、パリ公演も

98

夏木マリ 印象派NEO VOL.3「不思議の国の白雪姫」が、2017年3・4月に東京、京都、フランス・パリにて上演される。

夏木マリのライフワークとなっている印象派NEOの、3年ぶりとなる新作。“童話”をモチーフに創作する同シリーズでは今回、「不思議の国のアリス」と「白雪姫」を取り上げ、“不思議の国”や“美に翻弄される女性”に迫る。振付を、イデビアン・クルー井手茂太東京ゲゲゲイ牧宗孝など、多彩な顔ぶれが手がけるのにも注目だ。

上演にあたり夏木は「私のナンセンスに、作品としてのインテリジェンスを加え、創造的にくすぐる作品に仕上げたいと今、道半ばでございます」とコメントしている。なお本作は、東京・京都公演ののち、フランスのルーブル美術館でも上演される。

※「印象派NEO」のEにはアクサン付きが正式表記

夏木マリ 印象派NEO VOL.3「不思議の国の白雪姫」

2017年3月9日(木)~12日(日)
東京都 世田谷パブリックシアター

2017年4月2日(日)
京都府 ロームシアター京都 サウスホール

2017年4月25日(火)
フランス ルーブル美術館 オーディトリアム

演出:夏木マリ
振付:井手茂太小尻健太長谷川達也牧宗孝
出演:MNT、マメ山田、野澤健、夏木マリ

※小尻健太の「尻」はかばねに丸が正式表記

ステージナタリーをフォロー