ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

豊原功補、三遊亭圓朝の人情噺もとにした「名人長二」を企画・脚本・演出・主演

34

豊原功補が初めて企画・脚本・演出・主演を務める「芝居噺『名人長二』」が、2017年5月に東京・紀伊國屋ホールにて上演される。

本作はフランスの小説家モーパッサンの短編小説「親殺し」を翻案した、江戸時代末期から明治時代に活躍した落語家・三遊亭圓朝による長編人情噺「名人長二」が原作。近所に住む実在の職人・長二郎をモデルに新聞連載として創作した圓朝の作品に、豊原が臨む。

出演者には豊原をはじめ、モロ師岡梅沢昌代、花王おさむ、菊池均也、神農直隆、岩田和浩、牧野莉佳、山本亨高橋惠子、そして今回が舞台初出演となる森岡龍といった多彩な顔ぶれが名を連ねている。なお、本作は小泉今日子が仲間と立ち上げた明後日プロデュースの第2弾公演として上演される。

明後日プロデュース Vol.2「芝居噺『名人長二』」

2017年5月
東京都 紀伊國屋ホール

原案:ギ・ド・モーパッサン「親殺し」
原作:三遊亭圓朝「名人長二」
企画・脚本・演出:豊原功補
出演:豊原功補、森岡龍 / モロ師岡梅沢昌代、花王おさむ / 菊池均也、神農直隆、岩田和浩、牧野莉佳 / 山本亨高橋惠子

ステージナタリーをフォロー