ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

初春新派公演「華岡青洲の妻」で、水谷八重子と市川春猿が嫁姑バトル

86

初春新派公演「華岡青洲の妻」が、2017年1月2日から23日まで東京・三越劇場にて上演される。

1966年に発表された有吉佐和子の「華岡青洲の妻」は、江戸時代の紀州を舞台に、麻酔薬の完成に執念を燃やす外科医・華岡青洲と、麻酔の人体実験に「我先に」と身を捧げる家族の姿を描いたベストセラー小説。舞台化は同年、作者自らの脚本・演出によって実現し、その後、文学座の戌井市郎が演出を担当。これまでにさまざまなキャストの顔合わせが誕生している。

今回は、青洲の母・於継役を水谷八重子、青洲の嫁・加恵役を市川春猿が演じる。青洲には、今月二代目を襲名したばかりの喜多村緑郎。青洲の妹・小陸として、波乃久里子も出演する。

初春新派公演「華岡青洲の妻」

2017年1月2日(月・祝)~23日(月)
東京都 三越劇場

作:有吉佐和子
演出:齋藤雅文

キャスト

於継:水谷八重子
華岡青洲:喜多村緑郎
加恵:市川春猿
小陸:波乃久里子

ステージナタリーをフォロー