ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

谷賢一、「テレーズとローラン」で「徹底的に動物的な性欲とエゴイズム描く」

37

谷賢一が、地人会新社の「テレーズとローラン」の作・演出を手がける。

「テレーズとローラン」の原作は、フランス自然主義文学を代表する作家エミール・ゾラの「テレーズ・ラカン」。ある1組の若夫婦をめぐる壮絶な愛の物語を、谷が新たな物語として描き出す。木場勝己奥村佳恵浜田学銀粉蝶という、キャストの濃厚な顔合わせにも期待したい。

上演にあたり谷は、「徹底的に動物的な2人の性欲とエゴイズムを克明に描くことで、逆説的に人間を考えたい」と意欲を語っている。

地人会新社「テレーズとローラン」

2016年9月9日(金)~19日(月)
東京都 東京芸術劇場 シアターウエスト

原作:エミール・ゾラ
作・演出:谷賢一
出演:木場勝己奥村佳恵浜田学銀粉蝶

ステージナタリーをフォロー