ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

「スウィート・チャリティ」平方元基ら配役発表!知英「今からドキドキ」

221

ブロードウェイミュージカル「スウィート・チャリティ」ビジュアル(Photo by LESLIE KEE)

ブロードウェイミュージカル「スウィート・チャリティ」ビジュアル(Photo by LESLIE KEE)

9月23日から10月2日まで東京・天王洲 銀河劇場にて上演される、ブロードウェイミュージカル「スウィート・チャリティ」の配役が発表された。

平方元基は世界的な人気を誇る中年の映画俳優・ヴィットリオ役、岡幸二郎は真面目な会計士・オスカー役、黒須洋壬は教会の教祖・ダディ役を務める。また坂元健児はチャリティたちが働くダンスホールのマネージャー・ヘルマン役、原田薫ジェニファーはチャリティのホステス仲間であるニッキー役とヘレン役にキャスティングされた。

併せてチャリティ役の知英と、本作の上演台本・演出・振付を担当する上島雪夫からのコメントも公開。知英は「日本でベテランの皆さんと共演をすることができ、そのうえ自分が主演というのが未だに信じられません」と、ミュージカル初主演への喜びと緊張を明かし、「どんな風に皆さんと作り上げていけるのか今からドキドキしています」と意気込みを語っている。。

「スウィート・チャリティ」はお人好しで明るくパワフルな女の子・チャリティを主人公としたラブコメディ。ボブ・フォッシーの演出・振付により1966年1月にブロードウェイで初演され、シャーリー・マクレーン主演で映画化も果たしている。チケットは7月23日より一般販売を開始する。

知英コメント

ミュージカルはずっと夢でした。
なので、有名なブロードウェイミュージカルで、日本でベテランの皆さんと共演をすることができ、そのうえ自分が主演というのが未だに信じられません。
初めてなので緊張ももちろんありますが、何よりとても嬉しく、どんな風に皆さんと作り上げていけるのか今からドキドキしています。
短い間ですが、一生懸命チャリティになりきって楽しみたいです。
曲も踊りも素敵ですし、衣装も華やかなので、観に来て下さる方々には、楽しい気分になって帰って頂けるよう全力で頑張りたいと思います。

上島雪夫(上演台本・振付・演出)コメント

名女優シャーリー・マクレーン主演の映画で有名な『スィート・チャリティ』は『シカゴ』『ピピン』などと並ぶ天才演出・振付家ボブ・フォッシーの若き日の傑作の一つです。当時の名ダンサー・シンガーであるサミー・デイビス・JRやチタ・リベラらによる見事なショウナンバーが次々と繰り広げられます。舞台版でもグエン・バードンによる’66年の初演から『ウエストサイド物語』のアニタ役や『フェーム』で有名なデビー・アレンによる’86年の再演、そして『アイーダ』『ウィキッド』などのウェイン・シレントが振付を一新した’05版などブロードウェイでも再演が続く人気作です。
今回のタイトルロール“チャリティ”役には、今や本格的なエンターテイナーとして進化中の知英を迎え、日本を代表する名シンガー、ダンサーが集結します。もはやブロードウェイに引けを取らない高いレベルのソング&ダンスが繰り広げられること間違いなしです!
ショーストップ間違いなしの知英版『スィート・チャリティ』をぜひ目撃してください!

ブロードウェイミュージカル「スウィート・チャリティ」

2016年9月23日(金)~10月2日(日)  
東京都 天王洲 銀河劇場

原案:ボブ・フォッシー
脚本:ニール・サイモン
作曲:サイ・コールマン
作詞:ドロシー・フィールズ
上演台本・演出・振付:上島雪夫

キャスト

チャリティ・ホープ・ヴァレンタイン:知英

ヴィットリオ・ヴィダル:平方元基
ヘルマン:坂元健児
ダディ・ブルーベック:黒須洋壬

ニッキー:原田薫
ヘレン:ジェニファー

オスカー・リンキスト:岡幸二郎
ほか

ステージナタリーをフォロー