ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

劇団四季「ライオンキング」東京公演通算6000回に、野中万寿夫が挨拶

90

劇団四季「ライオンキング」より。(c)Disney

劇団四季「ライオンキング」より。(c)Disney

劇団四季のミュージカル「ライオンキング」東京公演が、昨日6月5日に東京・JR東日本アートセンター 四季劇場[春]にて通算公演回数6000回を迎えた。

「ライオンキング」東京公演は1998年に開幕して以来、無期限のロングラン公演を継続中。大阪、福岡、名古屋、札幌でも上演されてきており、すべての都市を含めた国内通算公演回数が1万572回、総入場者数は約1080万人に上る。

昨日の本編終了後には、出演者を代表してスカー役の野中万寿夫が挨拶。観客への感謝を述べ、大きな拍手を浴びた。

野中万寿夫の挨拶

ご来場いただき、誠にありがとうございます。本日、「ライオンキング」東京公演は、
単独の通算公演回数として6000回を達成いたしました。

1998年の開幕以来この東京公演は、日本演劇史上初となる「無期限ロングランへの挑戦」を
続けております。こうして6000回もの上演を積み重ねられましたのも、
ひとえに皆様お1人お1人のご支援の賜物と出演者、スタッフ一同、心より御礼申し上げます。

今後も一層のご声援を賜りますようお願い申し上げます。
本日は誠にありがとうございました。

ステージナタリーをフォロー