ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

劇団□字ック・山田佳奈の映画「夜、逃げる」に菅原佳子、瀧内公美

116

左から菅原佳子、瀧内公美。

左から菅原佳子、瀧内公美。

劇団□字ック主宰の山田佳奈が監督・脚本を手がける映画「夜、逃げる」が、8月下旬より東京・新宿K's cinemaほかにて順次上映される。

本作は、映画と音楽の祭典・MOOSIC LAB 2016の参加作品。ガールズバンドyonigeの楽曲「センチメンタルシスター」をモチーフとしている。深夜のアルバイトに勤しむ売れない女優・加奈子のもとを、かつて彼女から彼氏を横取りした同級生・萌乃が訪れ、ある男に対する“嫌がらせ”への協力を求めることから物語が展開していく。

主演を務めるのは、菅原佳子瀧内公美の2人。“何か”になるため演劇の道を選んだ加奈子を菅原が、かつての恋人のことが忘れられない萌乃を瀧内が演じる。さらに、加奈子のことを好きな演劇男子・君嶋に松澤匠が、萌乃の元恋人に山田ジェームス武が扮する。

なおクランドファンディングのプロジェクトをCAMPFIREにて実施中。参加者には出資額に応じてオリジナルグッズやメイキングDVD、□字ックバックステージへの招待といったリターンが用意されている。

「夜、逃げる」をはじめとしたMOOSIC LAB 2016の参加作品は、8月下旬より東京・新宿K's cinemaほかにて順次ロードショー。

ステージナタリーをフォロー