新国立劇場バレエ団、華やかな「アラジン」を6月に再演

93

新国立劇場バレエ団が、6月11日から19日まで東京・新国立劇場 オペラパレスにて「アラジン」の再演を行う。

「新国立劇場バレエ団 2015/2016 シーズンバレエ公演『アラジン』」より。(撮影:瀬戸秀美)

「新国立劇場バレエ団 2015/2016 シーズンバレエ公演『アラジン』」より。(撮影:瀬戸秀美)

大きなサイズで見る

「アラジン」は新国立劇場バレエ団のため、振付家デヴィッド・ビントレーが創作した人気作。2008年の世界初演後、英国バーミンガム・ロイヤルバレエ、米国ヒューストン・バレエなどで上演され、国際的にも高い評価を得てきた。

同バレエ団のレパートリー作品の中でも規模の大きな作品のひとつで、通常のバレエ公演の3倍にも及ぶ大道具の量や、色とりどりの衣裳をまとった個性豊かなキャラクター、カール・デイヴィスによるドラマティックな音楽が観る者を魅了。ビギナーからコアなファンまで、幅広い層に支持されている演目だ。

アラジン役は福岡雄大、奥村康祐、八幡顕光が、プリンセス役は小野絢子、米沢唯、奥田花純が務める。出演スケジュールは公式サイトで確認を。

新国立劇場バレエ団 2015/2016 シーズンバレエ公演「アラジン」

2016年6月11日(土)~19日(日)
東京都 新国立劇場 オペラパレス

芸術監督:大原永子
音楽:カール・デイヴィス
演出・振付:デヴィッド・ビントレー
舞台装置:ディック・バード
衣装:スー・ブレイン
照明:マーク・ジョナサン
指揮:ポール・マーフィー
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団
出演:新国立劇場バレエ団

全文を表示

小野絢子のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 小野絢子 / カール・デイヴィス / 福岡雄大 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします