福岡雄大

フクオカユウダイ

大阪府生まれ。Kバレエスタジオ出身。2003年、文化庁在外研修員としてチューリッヒ・ジュニアバレエ団に入団し、ソリストとして活躍。2005年にチューリッヒ・バレエ団にドゥミソリストとして入団し、2007年まで所属した。2009年、新国立劇場バレエ団にソリストとして入団。「ドン・キホーテ」「白鳥の湖」「くるみ割り人形」「火の鳥」、バランシン「アポロ」、ビントレー「パゴダの王子」、ウィールドン「不思議の国のアリス」など、多数の作品で主役を務める。2012年に新国立劇場バレエ団プリンシパルに昇格。多数のコンクールで入賞しているほか、中川鋭之助賞、舞踊批評家協会新人賞、芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞した。