宮崎弁でつづる恋愛物語、小松台東「勇気出してよ」に松本紀保、竹井亮介ら

30

松本哲也のソロ劇団・小松台東の2014年初演作「勇気出してよ」が、5月20日から29日まで、東京・三鷹市芸術文化センターにて再演される。

2015年に上演された小松台東「想いはブーン」より。(photo:保坂萌)

2015年に上演された小松台東「想いはブーン」より。(photo:保坂萌)

大きなサイズで見る(全9件)

松本の出身地・宮崎県を舞台に、宮崎弁による会話劇を上演している同劇団。「勇気出してよ」は、常連客ばかりがたむろする宮崎の小さな喫茶店を舞台に、人々の心のすれ違いを描き、好評を博した作品だ。再演にあたり松本は「恋ってつらいけど、楽しいよね。故郷って切ないけど、暖かいよね。これはきっと、誰もの人生の、すぐ側にある物語です」とコメントしている。なお24日と25日の各19:30回は、終演後に「松本哲也一人芝居上演」あり。

この記事の画像(全9件)

小松台東「勇気出してよ」

2016年5月20日(金)~29日(日)
東京都 三鷹市芸術文化センター 星のホール

作・演出:松本哲也
出演:瓜生和成松本紀保竹井亮介岩瀬亮浅野千鶴

小松台東のほかの記事

リンク