「うちがステージ!」

うちがステージ! Vol.6 [バックナンバー]

脳内トリップ!橋本淳・戌井昭人が“今行きたいのはココ”

292

初夏の匂いを感じたら、どこか遠くへ行きたくなる。旅行の帰りに立ち寄ったあの劇場、観劇の帰りに食べた忘れられないあの味……実際の遠出はまだ難しいけれど、せめて脳内だけでもトリップしたい。「うちがステージ!」第6回は、古典から現代劇まで、幅広い演技力で観客を想像の旅へと誘う橋本淳と、旅先で出会ったさまざまな人やエピソードを、芝居や小説の中に描き続けている戌井昭人に、そんな思いをつづってもらった。

橋本淳

橋本淳

橋本淳

ベルギー、フランス、ドイツに隣接する小さな国・ルクセンブルク。緑が広がり渓谷に守られる天然要塞、旧市街などが世界遺産に認定されている。ファンタジーの世界のような街並みに、歩くだけで非日常を感じることができそうです。

“できそう?”

そうです、私はまだ行ったことはありません。いつか必ず訪れたいとずっと思っていますが、今は妄想で。

非日常を感じる視点は人それぞれ、どこか演劇にも通じている気がする。演劇とは、“日常と非日常を無意識下に往復する行為”だと思う。例え“密”とされる劇場でなくても、脳内でも“演劇的体験”はきっとできるはず。今はそれぞれのイマジネーションで楽しんで、いずれそのときが来たら、各々が高めたものを結集して、劇場に集まりたい。

ただでは起きない、これ大事。

プロフィール

1987年生まれ。2004年にテレビドラマ「WATER BOYS2」でデビュー。2007年から2008年までのNHK連続テレビ小説「ちりとてちん」でヒロインの弟・正平役を務める。以降、テレビ・映画・舞台と幅広く活動。2020年のNHK連続テレビ小説「エール」では御園生新之助役を演じた。近年の主な出演舞台に城山羊の会「相談者たち」(山内ケンジ作・演出)、新国立劇場「君が人生の時」(宮田慶子演出)、「クレシダ」(森新太郎演出)、劇団た組。「在庫に限りはありますが」(加藤拓也作・演出)、「No.9─不滅の旋律─」(白井晃演出)、KERA・MAP「キネマと恋人」(ケラリーノ・サンドロヴィッチ作・演出)、「カリギュラ」(栗山民也演出)、「泣くロミオと怒(いか)るジュリエット」(鄭義信作・演出)など。

戌井昭人

戌井昭人

戌井昭人

モロッコのタンジェに行って、数日間、町をうろうろしてから車を借りて、辺鄙な村に立ち寄りながら、南下していきます。最後はエッサウィラという海沿いの町に行って、毎年行われている音楽祭を観たいところなのですが、今年は開催しないかもしれないので、屋台で魚介類をたらふく食べてたいです。

プロフィール

1971年東京都生まれ。劇作家・演出家・俳優・作家。玉川大学文学部演劇専攻を卒業後、文学座附属演劇研究所を経て、鉄割アルバトロスケットを旗揚げ。2009年に初めての小説「まずいスープ」が芥川龍之介賞候補になり、その後、「すっぽん心中」で第40回川端康成文学賞、「のろい男 俳優・亀岡拓次」で第38回野間文芸新人賞を受賞し、作家としても注目を集める。舞台では鉄割アルバトロスケット公演が不定期で行われているほか、台本を手がけた「青べか物語」「いずれおとらぬトトントトン」が文学座アトリエで上演された。

バックナンバー

橋本淳のほかの記事