音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

アプガ初のライブハウスツアー完走!「第二章はここから」

93

アップアップガールズ(仮)が9月16日に東京・赤坂BLITZでワンマンライブ「アップアップガールズ(仮)1stライブハウスツアー アプガ第二章(仮)開戦~赤坂決戦~」を開催した。

このライブはアプガが8月13日より行ってきたライブハウスツアー「アプガ第二章(仮)開戦前夜」と「アプガ第二章(仮)開戦」の最終公演、およびこの夏の集大成ともいえる特別な公演。しかしこの日は関東に台風18号が最接近したこともあり午前中から強風と豪雨によって開催が危ぶまれたのだが、そんな悪天候の中でも赤坂BLITZには大勢のファンが集結し、開演時間は遅れたもののライブは1部、2部ともに実施された。

オープニングではメンバー紹介の煽り動画が流され、ファンのテンションを上げたところでメンバーがステージに登場。新曲「SAMURAI GIRLS」からさっそうとライブをスタートさせた。各メンバーがキレのあるパフォーマンスを展開する中、関根梓はツアー中に負傷した足のケガのため大きな振りを行うことができず、ほぼ手振りのみの振り付けになったが、そのぶん歌唱面で絶大な存在感をアピールした。

ライブでアプガは「マーブルヒーロー」「ワイドルセブン」「UPPER ROCK」など今回のライブハウスツアーで披露してきた楽曲を次々にパフォーマンスし、この夏の成長を多くのファンに見せつける。そして終盤には「リスペクトキョー」の“ツアーファイナルバージョン”や「アップアップタイフーン」のタオル回しで盛り上がり、定番の「チョッパー☆チョッパー」と「アッパーカット!」ではファンと一体感を生み出した。また本編の最後ではファンからのコメントが書き込まれた「(仮)旗」がステージに登場。旗の下で自信に満ちた表情のメンバーは「銀河上々物語」を熱唱し、大歓声に包まれながらステージをあとにした。

アンコールではツアーを通しての感想がメンバーから語られる。関根は「足を負傷してしまって7名でダンスを揃って披露することはできませんでしたけど、がんばりました。皆さんにも私の“歌うことが好き”という気持ちが届いていたらうれしいです。今日は本当にありがとうございました!」と時折り悔しそうな表情を見せるもツアーを完走しきった達成感で最後は笑顔を見せた。佐保明梨は「終わってみたらあっという間で3秒くらいで過ぎていったくらいの感覚です。本当に幸せな夏をありがとうございます! 秋も冬も春も、もっと倍速くらいのスピードで進んでいきたいと思います!」とこれからも攻めの姿勢は崩さないという意思を示す。

新井愛瞳は「私たちは本当にいろんな方に支えられてて幸せだなって思います。だからもっと恩返しがしたくて。このツアーは今日でファイナルなんですけど、アプガの第二章はここでやっと開幕です! これからもアプガに付いてきてください。皆さんと一緒にライブを作りましょう」と満面の笑顔でコメント。仙石みなみは「毎回新しい出会いがあったり初めての場所に行けたりして、本当にこの夏はアプガにとってすごく大きな夏でした。この旗も皆さんが応援コメントを書いている姿を見ていたし、それがこんなに大きな旗になって。なんかすごい……皆さんと駆け抜けた夏だったなって思います。これからはもっともっと大きな場所でライブをやりたいし、私たちが目指す中野サンプラザに皆さんをお連れできるように、これからももっともっと上を目指していきます!」とさらに上を目指すことを宣言し、ファンからの大歓声に包まれた。

森咲樹は「個人的にも“モリモリ”っていう言葉が確立しつつあるのでうれしいです。アプガの第一章はグループ自体を作ることに全力投球してきたので第二章ではグループ自体をもっとレベルアップさせつつ個人としてももっと輝いていきたい。森咲樹個人をちゃんと見つけていきたいと思います! 『とりあえずモリモリ』なんて言わせないぞ!」とグループと自分自身のさらなる飛躍を約束。古川小夏は「すごい幸福感に包まれているライブができて、私って本当に幸せだなって思いながら歌ってました。この夏、ツアーを通して私たちが成長できたと思うのは皆さんが支えてくれたおかげなので、成長を見せることで恩返しできたらなって思ってます。アプガ第二章、まだまだ駆け抜けていきます!」と幸せに満ちた表情を見せながら持ち前の元気さを力いっぱいアピールした。

最後は佐藤綾乃から「“アプガスタイル”という単語を考えた」という話が語られる。「アプガってずっと走り続けてないと死んじゃうグループみたいな。止まったら一気にパタンって倒れちゃいそうなグループなんです。でもこうやってひたすら前だけを向いて走ってられるのは、やっぱり皆さんのおかげだと思う。古くから応援してくださってる方も最近ファンになっていただいた方も、みんなが一丸となって私たちのことを応援してくれるから走ってこれたんです。私は見た目いかつそうに見えますけど実際はただ熱い人なんですよ。そういうのもこのツアーを通して伝わりましたかね? 皆さんとこの空間で盛り上がれたことは本当に幸せでした!」と不器用ながらも佐藤が自身の気持ちを打ち明けると、ファンからは彼女の熱さに負けないくらいの歓声が沸き起こった。

そして最後はおよそ16分にもおよぶノンストップメドレー曲「サマービーム!アプガの夏 MIX」を残りの体力を振り絞って熱唱し、初のライブハウスツアーを大団円で終えた。

なおアプガは10月30日に両A面のニューシングル「Starry Night / 青春ビルドアップ」をリリース。さらに12月22日には神奈川・横浜赤レンガ倉庫1号館3Fホールにて「アップアップガールズ(仮)アプガ第二章(仮)クリスマスイブイブイブ決戦~横浜赤レンガ~」、そして12月28日には神奈川・川崎CLUB CITTA'にて「アップアップガールズ(仮)アプガ第二章(仮)大晦日イブイブイブ決戦~CLUB CITTA'~」を開催する。また年明けの2014年2014年1月1日には、この日行った東京・赤坂BLITZにて「アップアップガールズ(仮)アプガ第二章(仮)2014年元旦決戦~赤坂BLITZ~」を行うことも発表された。この3つの公演の盛り上がりしだいで、今後のツアーや大規模会場でのライブが検討されるとのこと。この夏を熱く駆け抜けたアプガのさらなる成長から今後も目を離せそうにない。

アップアップガールズ(仮)1stライブハウスツアー アプガ第二章(仮)開戦~赤坂決戦~
2013年9月16日(月・祝)東京都 赤坂BLITZ セットリスト

01. SAMURAI GIRLS
02. サバイバルガールズ
03. マーブルヒーロー
04. メチャキュン▽サマー( ´ ▽ ` )ノ (※▽はハートマーク)
05. バレバレI LOVE YOU
06. 夕立ち!スルー・ザ・レインボー
07. ワイドルセブン
08. カッコつけていいでしょ!
09. Burn the fire!!
10. UPPER ROCK
11. リスペクトーキョー
12. アップアップタイフーン
13. チョッパー☆チョッパー
14. アッパーカット!
15. お願い魅惑のターゲット
16. 銀河上々物語
<アンコール>
17. サマービーム!アプガの夏 MIX

※記事初出時、一部曲名に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

音楽ナタリーをフォロー