音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

リンダIII世、夢は大きく「ブラジルでライブがしたい」

205

5人組女性アイドルユニット、リンダIII世が4月6日に群馬・ヤマダ電機LABI高崎店にてライブイベントを行った。

ライブは4月24日リリースのデビュー曲「未来世紀eZ zoo」からスタート。メンバーは独特の曲調にあわせてパフォーマンスを展開し、間奏ではサンバのステップを踏みながら観客にも「踊って!」と呼びかけるなど、現役中学生ならではの元気のよさで会場を盛り上げた。さらに自己紹介を挟んで2曲目は新曲の「愛犬アンソニー」を披露。曲中では彼女たちの母国語でもあるポルトガル語のコーラスが入り「未来世紀eZ zoo」とはひと味違ったパフォーマンスで観客を楽しませた。そして3曲目にはなんとKARA「ジャンピン」のカバーを熱唱し、この日のイベントを終えた。

ライブ後に行われたナタリーの取材で彼女たちにこれまでのイベントの感想を聞くと「お客さんがだんだん増えてきてうれしい。私たちと一緒にダンスも踊ってくれるともっとうれしいです!」と喜びを語った。また「未来世紀eZ zoo」の印象は「日本ではあんまり聴いたことがない曲。普段から洋楽とかK-POPばかり聴いているから面白い曲だと思いました。私たち、日本のアイドルの曲はあまり知らないんですよ」とコメント。さらにKARAの「ジャンピン」を歌ったことについて「KARAが好きだし盛り上がるから選びました。それに『未来世紀eZ zoo』や『愛犬アンソニー』とはぜんぜん違うクールな楽曲をやってみたかったんです」と選曲の理由を明かした。

そして今後の活動については「リンダIII世にしか出せない楽曲を作っていきたい。そしていつかブラジルでライブをしたいです。あと、もし東京のアイドルグループさんと一緒にライブする機会があったら対決してみたいです!」と大きな夢をアピール。さらに今後の課題を聞くと「初めての人が来ても恥ずかしがらないようにしたいです。あと動物園に行きたい」と照れながら語った。

彼女たちは今後も毎週末、群馬県内のヤマダ電機を中心にインストアイベントを実施。今のところ他県への進出は予定していないとのことだ。

音楽ナタリーをフォロー