T.M.R.新春武道館で西川貴教「つけまつける」完コピ披露

2561

T.M.Revolutionが1月1日と2日の2日間にわたって、東京・日本武道館で恒例の新春ライブを開催した。

T.M.Revolution「T.M.R. NEW YEAR PARTY ’13 LIVE REVOLUTION」の模様。

T.M.Revolution「T.M.R. NEW YEAR PARTY ’13 LIVE REVOLUTION」の模様。

大きなサイズで見る(全7件)

きゃりーぱみゅぱみゅ「つけまつける」のダンスパフォーマンスを披露する西川貴教(写真中央)。

きゃりーぱみゅぱみゅ「つけまつける」のダンスパフォーマンスを披露する西川貴教(写真中央)。

大きなサイズで見る(全7件)

2日間で合計2万人を動員したこのライブは、西川貴教自身が「新春ならではのバラエティーショー」と言うほどの、さまざまな趣向を凝らした内容が見どころ。ステージには神社を模した社風の大型セットが組まれ、オープニングは狂言師による厳かな舞からスタート。西川も正月らしい和装アレンジの衣装で登場し、アンコールを含む計16曲を披露した。

ファンのリクエストに応えて西川がカバーソングを歌うコーナーでは、1日はゆず「栄光の架橋」とSuperfly「愛をこめて花束を」が選ばれ、2日はゆず「栄光の架橋」とJUJU「やさしさで溢れるように」が西川による迫力のボーカルで歌い上げられた。

そしてライブ中盤ではファン待望の“かくし芸”のコーナーも。昨年AKB48の「ヘビーローテーション」を完コピして話題を集めた西川だが、今年挑戦したのはきゃりーぱみゅぱみゅ「つけまつける」の完コピダンス。金髪のウイッグに大きなリボンをつけ、ドレス姿で登場した“のりーぱみゅぱみゅ”は、4人のダンサーを率いてキュートな振り付けを披露した。パフォーマンスを終えた西川は複雑な表情を見せつつ「40歳を過ぎてこんなことになるとは、デビューした頃は思ってもいませんでした。悪くないと思います(笑)」と笑顔で語った。

またライブの途中では西川と縁の深い著名人からのコメント映像も上映。綾小路翔(氣志團)、遠藤舞(アイドリング!!!)、奥仲麻琴&森詩織(PASSPO☆)、ゴールデンボンバー、SCANDAL、高橋みなみ(AKB48)、土屋礼央(TTRE)、TETSUYA(L'Arc-en-Ciel)、MICRO(HOME MADE 家族)、武藤敬司(全日本プロレス)といった面々が西川への熱い思いを伝えていた。

「1人でも多くの人を笑顔にしたい。そのためにがんばっていきますので、また1年間よろしくお願いします」と、集まったファンに新年の挨拶を届けた西川。T.M.Revolutionは2月27日に豪華アーティストをゲストに迎えたセルフカバーアルバム「UNDER:COVER 2」をリリースし、その後は全国ツアーも実施する。ツアースケジュールは後日発表予定。

T.M.Revolution「T.M.R. NEW YEAR PARTY ’13 LIVE REVOLUTION」セットリスト

00. OPENING~三番叟(狂言師の舞)
01. O.L
02. INVOKE
03. とっておきのおはなし~新説恋愛進化論~
04. 栄光の架橋(1日) / やさしさで溢れるように(2日)
05. 愛をこめて花束を(1日) / 栄光の架橋(2日)
06. 新春かくし芸「つけまつける」(パフォーマンスカバー)
SE. (restoration LEVEL→3)
07. LEVEL 4
08. I.D. ~LOVE ME CRAZY~
09. URBAN BEASTS
10. ウルワシキセカイ
11. FLAGS
12. SWORD SUMMIT
13. LOVE SAVER
14. HEART OF SWORD ~夜明け前~
<アンコール>
15. Albireo -アルビレオ-
16. The party must go on

この記事の画像(全7件)

関連記事

T.M.Revolutionのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 T.M.Revolution の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。