音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

SuG活動休止前ラストライブで「絶対戻ってくるから!」

468

SuGのワンマンライブ「SuG Oneman Show 2012『This iz 0』」が12月29日、東京・国立代々木競技場第二体育館で行われた。

この日のライブをもってバンド活動を休止し、所属事務所PS COMPANYから離籍するSuG。会場は彼らの勇姿を見届けようとする観客で、ステージ斜め後ろまでビッシリと埋め尽くされた。ライブはメジャーデビューシングル「gr8 story」からスタートし、2曲目「Block Party MonstAr」では男性ダンサーがステージに登場。武瑠(Vo)はダンサーたちと息の合ったダンスを披露し、会場を沸かせた。

最初のMCで武瑠は「今日は本当に信じられないくらいドキドキしています。思えばみんなのおかげで、こんなにドキドキすることを6年間もやらせてもらうことができました。でも今日は6年間の中でも最高のドキドキにしようぜ!」とファンに宣言。そのまま「R.P.G. ~Rockin' Playing Game」や「No! More! War!」などの楽曲で緩急を付けながらライブを続ける。ライブ中盤では「きらきら」「crispy.」「無条件幸福論」といったミディアム / スローナンバーで会場の熱気をクールダウン。観客はバンドのエモーショナルなプレイにじっくり聴き入った。

インストナンバーに乗せてshinpei(Dr)、Chiyu(B)、masato(G)、yuji(G)がそれぞれソロを披露したのに続いて、ライブは「sweeToxic」で再びヒートアップ。武瑠がギターを弾く「Howling Magic」で会場の熱気は一気に加速した。MCで武瑠は「俺、今日1日分の体力、全部使っちゃった! だからこれから休むときの分(の体力)前借りするわ(笑)」と言って、観客の笑いを誘う。続けて中学生の頃、この会場でバスケットボールの選手として試合に出たことがあることを告白。武瑠は「あのときは5ファールで退場しちゃたんだわ、3ポイントをキメた直後に(笑)。今日は退場しないようにがんばります」と茶目っ気たっぷりに語ってから、ライブを再開させた。

ライブ後半戦はほぼノンストップで進行し、SuGの5人は「☆Gimme×Gimme☆」「Crazy Bunny Coaster」などの人気ナンバーを立て続けに演奏。そして武瑠が「楽しんで暴れていけ! 後ろも横も前も、全員でラストいこう! 最高の笑顔を見せてくれ!」と叫び、本編ラストナンバー「39GalaxyZ」に突入。客席はファンが回すタオルで埋め尽くされた。武瑠は曲中、何度も「声を出して! 出し切れ! 出し切ってかねえと次はねえぞ!」と絶叫。最後は大きくジャンプし、そのまま床に倒れ込んでライブ本編を終えた。そして「いいか、史上最高のアンコール、待ってんぞ!」という言葉を残してステージを降りた。

武瑠の言葉を受けて、会場中にこれまでで一番と言えるほど大きな声援とアンコールを呼ぶ声が鳴り響く。しばらくするとメンバーがステージに再登場し、武瑠は「本当に楽屋までぶち抜けるくらいに、最高のアンコールでした。ありがとう!」とファンに感謝の言葉を贈った。彼はそのままファンの声援に耳を傾け、しばらくしてから「いつもだったら『ウルセーッ!』って言うところなんですけど、今日はデレデレでいきたいと思います(笑)」と話す。さらに「これだけバンドを続けてるといろんな出会いや別れがあって。SuGに関わった人全員が幸せになってほしいと思ってるんですけど、それには俺たちが自分たちらしくカッコよくなっていたらいいんじゃないかと気付いたんです」と語ると、シーンと静まり返った会場内からファンのすすり泣く声が聞こえてきた。そして「だから、どれくらいかかるかわからないけど、ちょっとだけ待ってて」と言って、気持ちを込めて「美空」を歌った。

その後メンバー1人ひとりが現在の心境をコメント。ほとんどのメンバーが「活動休止を発表してから今日まであっという間で、あまり実感がなかった」と心情を口にし、「今よりも成長して、またこの5人で戻ってくるから!」とファンに約束した。そして最後に武瑠は「今日くらいは調子に乗ろうと思います。俺らも周りからゴチャゴチャ言われることもあるけど、みんながいるからがんばれる。これだけ『待ってる!』って言ってくれる人がいるんだから、そりゃ調子に乗るわな! (活動休止に)一番納得してないのは自分自身だから、『(活動再開後)楽勝だったね!』って言えるようにがんばるから」と話し、「不完全Beautyfool Days」「Life2Die」で会場を熱狂の渦に巻き込む。2曲歌い終えると、「最後まで楽しい時間をありがとう。本当に信じられないくらい実感がなくて、活動休止を決めた夏からあっという間にここまで来て。今伝えたいことは、全部今日歌った歌詞に詰まってたと思います。6年間何度も迷ってきたし、それでも前向きにやって来た。今回の活動休止とPS COMPANYからの離籍について周りから無謀だと言われたけど、この決断に乗ってくれたメンバーに感謝したいと思います。最初は解散も考えたんですけど、5人の気持ちを信じて活動休止にしました。絶対に戻ってくるって約束するから!」と改めて宣言。

さらに武瑠は涙を浮かべながら「本当にめちゃくちゃ寂しいです。感謝しきれないほど感謝してます。絶対に帰ってくるからな! 限界を見せてくれ! かかってこい!」と叫び、本当のラストナンバー「ときどきすてきなこのせかい」を熱唱。観客も涙まじりの合唱でバンドにエールを送り、約3時間にわたるライブは終了した。メンバーは客席に向けて何度も「ありがとうございます!」と絶叫し、名残惜しそうにステージ上を歩き回る。そして最後に武瑠が「いってきます!」と叫んでステージを降りると、ステージ後方のスクリーンではスタッフクレジットに続いて、この日のために用意された未発表曲「0 song」が流れ始めた。この曲の歌詞は今のバンドの心境、そしてファンに対する思いがつづられたもので、客席には泣き崩れるファンの姿が多く見られた。

こうしてSuGの6年間を総括する活動休止前最後のライブは幕を閉じた。なお3月6日にはSuG初のベストアルバム「BEST 2010-2012」がリリースされる。

SuG Oneman Show 2012「This iz 0」セットリスト

SE. million $ orchestra
01. gr8 story
02. Block Party MonstAr
03. Fast Fool Hunters
04. R.P.G. ~Rockin' Playing Game
05. No! More! War!
06. LOVE SCREAM PARTY
07. きらきら
08. crispy.
09. 無条件幸福論
--メンバーソロ--
10. sweeToxic
11. Howling Magic
12. ☆Gimme×Gimme☆
13. Crazy Bunny Coaster
14. CALL NUMBER
15. mad$hip
16. fat inside horror
17. heavy+electro+dance+punk
18. 小悪魔Sparkling
19. 39GalaxyZ
<アンコール>
20. 美空
21. 不完全Beautyfool Days
22. Life2Die
23. dot. 0
24. ときどきすてきなこのせかい
SE. 0 song

音楽ナタリーをフォロー