音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

箭内、亀田、キヨサクがチャリティソング「two shot」配信

170

箭内道彦、亀田誠治、キヨサク(MONGOL800)によるプロジェクト「THE HUMAN BEATS」が、チャリティソング「『two shot』feat.キヨサク【one chorus ver.】」を発表した。

「two shot」は箭内が作詞・作曲を手がけたナンバーで、箭内から制作に関する相談を受けた亀田がキヨサクにボーカルを依頼。キヨサクによるウクレレ弾き語りの一発録音で制作された。このワンコーラスバージョンが、本日7月1日より音楽配信サイトOTOTOYにて1曲150円で配信され、収益の全額が「あしなが東日本大地震・津波遺児募金」に寄付される。

また、この楽曲はファッション通販サイト「magaseek」新CMのCM音楽として本日より関東、関西、岩手にてオンエアされる。CMは箭内のディレクションにより、仲里依紗、三浦春馬、須藤理彩、Mummy-D(RHYMESTER)、増子直純(怒髪天)、澤部佑(ハライチ)、早見あかりといった豪華なメンバーが揃った。

なお「THE HUMAN BEATS」というプロジェクト名は、東日本大震災直後の2011年3月14日に立ち上げられた、被災地と全国をデジタルとアナログでつなくメッセージサイトの名でもある。このWEBサイトでは被災地への声と被災地からの声を公開し、同時に電源設備やネット設備がままならない避難所の壁にも同様のメッセージを発信している。さらに同サイトではTHE HUMAN BEATS名義の義援金口座も開設しており、これまで合計1500万円を超える金額が福島県災害対策本部に寄付されている。

THE HUMAN BEATS コメント

箭内道彦
2ショットっていうのは、考えが同じことの証明じゃなくて、尊敬しあっていることの証しというか、尊重しあっている目印になる。特に今年、YesかNoかになった人たちだらけの中で、“俺たちは話をするよ” っていう目印というか、信号になっていくような気がする。ひとつになるわけではなくて、2ショットでいる、という。そういうことを今年はもっとやっていかなければならないと思っています。

亀田誠治
「出来たての曲で、まだ僕の頭の中にしかないんですよ」と言いながら
箭内さんが、ギター片手に「two shot」を歌ってくれたとき、
明日を照らす、やわらかい光が見えた気がしました。
今、僕ができることをしていこう。そっと心に決めたのです。

キヨサク(MONGOL800)
いなたい感じが出ればいいなーと思って歌いました。

音楽ナタリーをフォロー