音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

Raphael、12年ぶり復活ライブ「華月の墓前で決意した」

2605

2001年1月より活動を休止していたヴィジュアル系バンドRaphaelが、今年秋に約12年ぶりとなる復活ライブ「Raphael 再演『天使の檜舞台』」をZepp Tokyoにて開催することを発表した。

Raphaelは1999年にメジャーデビューを果たし、2000年3月にはメンバー全員が18歳という若さで日本武道館ライブを敢行。しかし同年10月、リーダーの華月(G)が急逝し、同年12月から2001年1月にかけて行われた全国ツアーを最後に活動を休止していた。

今回の復活ライブはYUKI(Vo)、YUKITO(B)、HIRO(Dr)の3人が何度も話し合って決定したとのこと。YUKIはオフィシャルサイトで発表したコメントにて、復活ライブを企画したきっかけについて「2010年10月末日。華月の墓前で一人、この“再演”を決意したのが始まりでした」と説明し、「今日までファンの皆様の愛情に幾度となく救われ、この音楽の世界で生きる勇気と意味を教わりました」と支えてくれたファンへの感謝の言葉を述べている。そして秋のライブに向け「今度は僕が導(しるべ)となり、出会えた全ての仲間に恩返しをすべき『清算』の時なんだと思っています」と、意気込みを見せている。

復活ライブは10月31日・11月1日の2日間にわたって開催。オフィシャルサイトでは4月9日から22日まで、チケット先行予約受付を実施する。

Raphael 再演「天使の檜舞台」

天使の檜舞台 第一夜 白中夢
2012年10月31日(水)東京都 Zepp Tokyo
OPEN 18:00 / START 19:00

天使の檜舞台 第二夜 黒中夢
2012年11月1日(木)東京都 Zepp Tokyo
OPEN 18:00 / START 19:00

オフィシャルサイト先行予約受付:2012年4月9日(月)12:00~22日(日)23:00

Raphael YUKI コメント

2010年10月末日。
華月の墓前で一人、この“再演”を決意したのが始まりでした。

一人ひとりに
この思いを伝えるのに随分と時間を要してしまったけれど
YUKITO、HIROをはじめ当時のチーム一同、それぞれの思いと時間を経て
ついに今春、足並みが揃いました。

実現に向けて課題はまだまだ山積みですが、
今件の発起人として
自身の全てを賭して臨む覚悟ですので、
どうか最後まで温かく見守って居て下さい。

“想いは、風化しない。忘れない事と、引きずる事は違う”
今日までファンの皆様の愛情に幾度となく救われ、
この音楽の世界で生きる勇気と意味を教わりました。

今度は僕が導(しるべ)となり、
出会えた全ての仲間に恩返しをすべき「清算」の時なんだと思っています。

あの日から13回目の秋。
自分らしく決着を付けようと思います。

明日を共に生きる為に。

Raphael/YUKI

音楽ナタリーをフォロー