日本テクノ界の始祖、冨田勲がDOMMUNEに登場

494

日本テクノ界の始祖と呼ばれる作曲家・冨田勲の代表作「惑星」が、新曲を加えた全編リメイク盤「惑星 ULTIMATE EDITION」となってリリースされた。

1970年代、壁一面を覆うシンセサイザーに囲まれた冨田勲。

1970年代、壁一面を覆うシンセサイザーに囲まれた冨田勲。

大きなサイズで見る(全6件)

写真はアルバム「惑星 ultimate edition」ジャケット。

写真はアルバム「惑星 ultimate edition」ジャケット。

大きなサイズで見る(全6件)

写真はアルバム「惑星 ultimate edition」完成発表会の様子。握手を交わす川口淳一郎(写真左)と冨田勲(右)。

写真はアルバム「惑星 ultimate edition」完成発表会の様子。握手を交わす川口淳一郎(写真左)と冨田勲(右)。

大きなサイズで見る(全6件)

1971年、日本で初めてMOOGシンセサイザーを個人輸入し、電子音を駆使してクラシック曲を再創造するという独自の芸術を追求した、シンセサイザーアーティスト冨田勲。「惑星」のオリジナル盤は1977年にアメリカ・RCAレーベルよりリリースされ、全世界で250万枚を超える大ヒットを記録した。

「惑星 ULTIMATE EDITION」は、オリジナル楽曲を4.0chサラウンドの立体音響で構築したリメイク作品。さらに、昨年日本を賑わせた小惑星探査機「はやぶさ」と、日本宇宙工学の父・糸川英夫に捧げられた新曲「イトカワとはやぶさ」が追加収録されている。

5月31日に東京・羽田空港国際線ターミナル「PLANETARIUM Starry Cafe」で行われた完成発表会では、「はやぶさ」の生みの親であるJAXAの川口淳一郎博士が招かれ、「イトカワとはやぶさ」をサラウンド音響で試聴。川口博士は「はやぶさのストーリーと重ね合わせて聴くことができて、とてもうれしい。私たちプロジェクトチームの励みになります」と冨田へ感謝の気持ちを伝えた。

なお、来週6月8日(水)にはライブストリーミングチャンネルDOMMUNEにて、5時間の生番組「ISAO TOMITA / ANCESTOR OF JAPANESE TECHNO!!!!!!!~日本テクノ界の始祖・冨田勲」がオンエアされる。長年にわたる冨田の功績を俯瞰しつつ、砂原良徳TOWA TEIといった現在のテクノシーンを牽引するアーティストとの対話を通じて、冨田ワールドの本質に迫る。また、番組内では先日の完成発表会の模様もあわせて紹介されるほか、DOMMUNE限定企画として「惑星 ULTIMATE EDITION」DOMMUNEバイノーラルバージョンが全曲オンエアされる予定だ。

DOMMUNE 冨田勲特集
ISAO TOMITA / ANCESTOR OF JAPANESE TECNO!!! ~日本テクノ界の始祖・冨田勲

2011年6月8日(水)19:00~24:00
配信URL:http://www.dommune.com

<第1部> 19:00~21:30
HISTORY of ISAO TOMITA / 冨田勲の歴史を振り返る
出演:冨田勲 / 司会:松山晋也

プラネタリウム・ミーティング
5月31日の羽田空港ターミナル「PLANETARIUM Starry Cafe」での冨田勲×川口淳一郎(JAXA)の対談をオンエア

冨田勲との対話
出演:冨田勲 / ゲスト:砂原良徳、TOWA TEI(予定)/ 司会:松山晋也

増殖し続ける『惑星』の全貌
「惑星 ULTIMATE EDITION」DOMMUNEスペシャル・バイノーラル・ストリーミング(全曲オンエア)

<第2部> 21:30~24:00
DEDICATED to ISAO TOMITA
LIVE ELECTRONICS MUSIC BY パードン木村

この記事の画像(全6件)

砂原良徳のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 砂原良徳 / TOWA TEI / 冨田勲 の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。