病から復活した加山雄三、AI技術で“バーチャル若大将”を誕生させる「ホント面白いと思うんだよな!」

1494

8月21日(土)から22日(日)にかけて日本テレビ系で放送される「24時間テレビ44」にて、「病から復活…加山雄三の挑戦! AI技術で“バーチャル若大将”」と題した企画が展開される。

King & Princeと加山雄三。(c)日本テレビ

King & Princeと加山雄三。(c)日本テレビ

大きなサイズで見る(全8件)

“バーチャル若大将”の制作過程。(c)日本テレビ

“バーチャル若大将”の制作過程。(c)日本テレビ[拡大]

昨年8月、加山は誤嚥と小脳内出血により救急搬送され入院。一命を取り留めたが、軽度の言語障害などの後遺症が残り、芸能活動を一時中止した。その後、加山は懸命のリハビリを経て歌手活動を再開できるまで復活を遂げたが、病と闘う中で、ある画期的な取り組みを考えたという。それが最新のAI技術を駆使して自身の声や歌、存在を後世に残すプロジェクト“バーチャル若大将”だ。84歳となった今もゲーム機で遊ぶなど、常に新しい物が好きな加山は「バーチャル、AIで、自分と同じ姿、歌にしゃべりを自由に操れる“分身”を作ってみたらどうだ?…って、提案したんだよ(笑)。曲もそうだけど、自分が作ったものが、自分より若い世代の人が継いでいってくれる…って最高だろ!? ホント面白いと思うんだよな!」とコメントしている。

加山雄三とSHOCK EYE(湘南乃風)。(c)日本テレビ

加山雄三とSHOCK EYE(湘南乃風)。(c)日本テレビ[拡大]

“バーチャル若大将”がお披露目されるのは、約30年前の1992年、「24時間テレビ」の生放送中に加山が即興で作曲し、今も番組のテーマソングとして歌い継がれている「サライ」誕生の地、東京・両国国技館。放送当日は加山の地元である神奈川・湘南の後輩、湘南乃風が応援に駆けつけ、彼らの名曲「純恋歌」を“バーチャル若大将”とのコラボレーションで歌い上げる。さらに“本物”の加山雄三も湘南乃風や「24時間テレビ44」メインパーソナリティKing & Princeとともに“加山雄三の名曲 若大将メドレー”を披露。病から復帰後、初の生歌唱をお茶の間に届ける。

この記事の画像(全8件)

日本テレビ系「24時間テレビ44」

2021年8月21日(土)、22日(日)
<出演者>
メインパーソナリティ:King & Prince
チャリティーパーソナリティ:菅野美穂
スペシャルサポーター:チョコレートプラネット
24時間テレビサポーター:徳光和夫
総合司会:羽鳥慎一、水卜麻美(日本テレビアナウンサー)
※“バーチャル若大将”は8月22日(日)14:50頃より放送。

全文を表示

関連記事

加山雄三のほかの記事

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 加山雄三 / 湘南乃風 / King & Prince の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。