オリンピック・パラリンピック開会式の音楽監督をFPM田中知之が担当、作曲メンバーに小山田圭吾

1

7393

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 3060 2622
  • 1711 シェア

「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会」開会式および閉会式のクリエイティブチームのメンバーが発表された。

田中知之(FPM)

田中知之(FPM)

大きなサイズで見る(全2件)

開会式と閉会式ともにショーディレクターを小林賢太郎、音楽監督を田中知之(FPM)、音楽監督アシスタントをナカムラヒロシ(i-depSotte Bosse)、舞台美術を種田陽平、ライターを放送作家の樋口卓治が担当。開会式は小山田圭吾Cornelius)、徳澤青弦原摩利彦、景井雅之が作曲を担当し、映像監督として辻川幸一郎、児玉裕一小島淳二らが参加する。このほか、開会式のクリエイターの1人として、が~まるちょばのHIRO-PONも参画する。

「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会」の開会式および閉会式の共通コンセプトは「Moving Forward」。このコンセプトには新型コロナウイルス感染症が拡大している状況下で開催される大会だからこそ、スポーツの力で世界中をつなげ、未来に向かって希望を生み出す場にしていきたいという思いが込められている。「東京2020オリンピック競技大会」の開会式コンセプト「United by Emotion」には、これまでの日々を共に進んできた世界中の人々への感謝や称賛、未来への希望を感じることができる時間を作りたい、という願いが表現された。「東京2020オリンピック競技大会」の閉会式のコンセプトは「Worlds we share」で、たとえ同じ場所にいられなくても、同じ感動をシェアできたことを忘れずに、未来へとつなげていけるセレモニーを目指す。

この記事の画像(全2件)

全文を表示

※記事初出時、本文に誤りがありました。お詫びして訂正します。

読者の反応

  • 1

音楽ナタリー @natalie_mu

オリンピック・パラリンピック開会式の音楽監督をFPM田中知之が担当、作曲メンバーに小山田圭吾
https://t.co/AR1qSyTbk7

#Tokyo2020 https://t.co/y5dFYJGQDr

コメントを読む(1件)

関連記事

FPMのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 FPM / Cornelius / 小山田圭吾 / 小林賢太郎 / i-dep / Sotte Bosse / 徳澤青弦 / 原摩利彦 / 児玉裕一 / 小島淳二 の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。