ドラム&パーカッションの可能性と楽しさを伝える専門誌「Drum-On」が創刊

394

7月28日にele-king booksよりドラム専門誌「Drum-On」が創刊される。

「Drum-On」表紙

「Drum-On」表紙

大きなサイズで見る(全5件)

本誌は「リズム&ドラム・マガジン」の元編集長・大久保徹氏発起のもと、かつて同誌編集長を務め現在はドラマーとしても活動する小宮勝昭が参加して制作されたもの。ドラムおよびパーカッションの可能性と演奏する楽しさを伝える本格的プレイヤー向け雑誌となっている。

小川慶太(Snarky Puppy)

小川慶太(Snarky Puppy)[拡大]

創刊号の巻頭特集「ドラムと音楽」には、Snarky Puppyメンバーとしてグラミー賞を2回受賞した小川慶太をはじめ、福盛進也や、カーター・マクリーンが登場。このほかUKジャズのドラマーとパーカッショニストの紹介、一流ドラマーたちのスネアの裏側に迫る企画、ドラミングメソッド“ルーディメンツ”の最新型解説、リンゴ・スターに学ぶ音楽的ドラム力分析、ドラム職人の現場訪問、ドラマー&パーカッショニストが聴くべきディスクガイドなどが掲載される。

この記事の画像(全5件)

リンク

関連商品

    「Drum-On」

    「Drum-On」

    [雑誌] 2021年7月28日発売 / ele-king books

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。