BTSがsmash.cityで過ごす休日を覗き見、オリジナルコンテンツ配信スタート

22041

BTSのオリジナルコンテンツが、バーティカルシアターアプリ・smash.にて本日6月18日8:00より独占配信される。

BTS smash.オリジナルコンテンツビジュアル

BTS smash.オリジナルコンテンツビジュアル

大きなサイズで見る(全9件)

RM(BTS)

RM(BTS)[拡大]

BTSが所属するHYBEとsmash.を運営するSHOWROOMは5月に資本業務提携を発表。先日開催されたBTSのオンラインファンミーティング「BTS 2021 MUSTER SOWOOZOO」ではオリジナルコンテンツの世界観が垣間見える予告が配信され、ARMY(BTSファンの呼称)たちは本編の公開を待ち望んでいた。

SUGA(BTS)

SUGA(BTS)[拡大]

JIN(BTS)

JIN(BTS)[拡大]

いよいよ公開されたsmash.によるBTSオリジナルコンテンツでは、smash.で配信されるコンテンツが日々生み出される仮想都市“smash.city”で過ごす7人の休日を紹介。ゆったりと朝を過ごす様子や、チェスやボクシングを楽しむ姿など、思い思いの休日を過ごすBTSを覗き見するかのような、スペシャルな内容となっている。縦型の画面いっぱいに映し出されるメンバーの姿は、息遣いまで聞こえてきそうな近さ。本日公開された1stエピソードは、配信開始時刻の6月18日8:00から9:00までの1時間限定で無料配信されている。

J-HOPE(BTS)

J-HOPE(BTS)[拡大]

JIMIN(BTS)

JIMIN(BTS)[拡大]

BTSのオリジナルコンテンツは、毎週金曜日に最新エピソードが公開されていく予定。エピソードのテーマに合った時刻に配信開始され、配信スタートのタイミングで視聴すると、smash.cityのBTSと同じ時間軸を共有することができる。各メンバーのソロコンテンツやメンバー全員が登場するコンテンツなど多彩なラインナップが用意されるとのことなので、ARMYは今後の配信も楽しみにしておこう。なお1stエピソードを含め、一部エピソードは無料配信されていく予定だ。

V(BTS)

V(BTS)[拡大]

JUNG KOOK(BTS)

JUNG KOOK(BTS)[拡大]

smash.は無料でも利用可能だが、全コンテンツが見放題となる月額550円のプランも用意されており、BTSの後輩にあたるENHYPENの冠番組「ENHYPENのオールナイトニッポンX」の映像なども配信されている。また日本のみならず、韓国とアメリカからも利用可能。

この記事の画像(全9件)

前田裕二(SHOWROOM)コメント

いよいよBTSのsmash.オリジナルコンテンツを皆さまにお届けできる事になりました。今回のコンセプトは、「smash.city」。smash.の中にある架空の街smash.cityでメンバーに生活していただきます。メンバーが忙しない日々を少しだけ忘れてゆったり過ごせる、オアシスのような場所をイメージしました。同時に、常に最高のエンタメを届ける事、そしてファンの皆様を幸せにする事を考えるBTSですから、未来に向けたワクワクや先進感も併せて表現しています。コロナ禍にあって、ステイホームを強いられる中で、smash.cityを通じてBTSと日常を共有しているような感覚を届けられたらと思います。実際、目が合うほどの近い距離でメンバーが語りかけてくれる体験は想像以上にインパクトがあり、これを機に、更に多くの方にバンタンの魅力が伝わって欲しいです。
smash.ならではのPICKという動画切り取り機能で、メンバーの好きなシーンをどんどん切り抜いて頂いて、自分自身でコレクションしたり、シェアしてもらえたらと思います。また、ポッドという機能を使って、気が合う仲間と一緒に映像を観てみると、また違う面白さを発見できるでしょう。今このおかしな世界において、何よりも「繋がり」が大事だと、特に、同一の好きや興味を持つ人々と、心で繋がる感覚が一番大事だという考え方のもと導入した仕組みですが、是非、皆さまも沢山のARMYと繋がって頂ければと思います。
そして、smash.は更に、このタイミングで大きな進化を遂げます。すなわち、6/18から、BTSと共に、「サービスの世界展開」を仕掛けます。グローバルトップアーティストのBTSにイメージキャラクターを担って頂くというこの機会を逃して、我々はいつ世界を攻めるんだと、ついに長年掲げてきた目標に向けた一歩目を踏み出しました。
「世界のどこにいても、smash.さえ開けば、すぐに憧れのアーティストが目の前に存在してくれる」という未来を理想に掲げて、まずはアメリカと韓国での展開をスタートします。順次対象地域を広げて、果ては、世界中の人々の、あらゆる日常の瞬間に寄り添うサービスとなることを目指して、引き続き邁進して参ります。

全文を表示

関連記事

BTSのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 BTS の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。