駆け抜けた軌跡に思いあふれ涙、SHINeeの10周年ファンミでテミンが約束「20周年は一緒に」

5081

SHINeeが本日5月23日にオンラインイベント「SHINee WORLD J Presents ~Bistro de SHINee~」を行った。

SHINee

SHINee

大きなサイズで見る(全12件)

このイベントは、SHINeeの日本デビュー10周年を記念して企画されたもの。SHINeeが日本でファンミーティングを実施するのは約3年ぶりで、“1日限りのレストラン~Bistro de SHINee~”という設定のもと、メンバーはファンへの感謝を込めた約2時間のステージを展開した。

SHINee

SHINee[拡大]

開演時刻を迎えて“レストランの扉”が開くと、店内をイメージしたステージセットにはスーツ姿のメンバー4人がスタンバイ。「こんばんは、輝くSHINeeです!」と自己紹介をしたメンバーは、オーナー役を務めるMCの堤太輝(どりあんず)の進行のもとさっそく近況報告を行い、オンユは「ミュージカルをやったり、バラエティ番組の準備をしています」、ミンホは「ドラマの撮影中ですね」と語る。キーが「そろそろソロ活動の準備をしないといけないので、音楽をいっぱい聴いたりしていますよ」と明かすと、堤は彼が自家菜園で育てているというネギについて質問。キーがそのネギでキムチを作ったことを明かすと、テミンは「キーさんがネギキムチをくれたけど、おいしかったですよ。ほかの食べ物の味がわからなくなるけど……(笑)」と正直な感想を語ってメンバーの笑いを誘っていた。

SHINee

SHINee[拡大]

日本デビュー10周年についてMCから尋ねられると、キーは「時間が経つのは速いですね。『Replay』をデビュー曲として歌ったのが10年前だって、想像もできないくらいです。最近は特に、海外に行けないので、皆さんに会いたい気持ちがどんどん大きくなっています」と思いを語る。テミンは「意味のある時間を皆さんと一緒に過ごせないのが残念だけど、20周年はぜひ一緒に過ごしましょう!」と視聴者に呼びかけ、ミンホも「20周年までがんばりましょう」と続いた。

SHINee

SHINee[拡大]

オープニングトークののちにスタートしたゲームコーナーでは、メンバーがレストランの1日の仕事にちなんだ5つのゲームにチャレンジした。1つ目のお掃除ゲームはホウキとチリトリを持って目隠しをした2人を残る2人が誘導し、より多くのゴミを集めるというもので、4人は抜群のチームワークを発揮して“星3つ”の満点評価を獲得。画面に映し出されていた写真の通りにテーブルセッティングを再現する2つ目のゲームでは、記憶力に自信のないテミンがカップとソーサーを手に遊びだし、“末っ子”ぶりを発揮する場面も。キーもティーポットを手に「美女と野獣」を口ずさむなどフリーダムな空気感が充満したが、セッティングの再現度はほぼ完璧で、4人はこちらでも“星3つ”を手に入れた。

SHINee

SHINee[拡大]

粘土を使った伝言ゲームでオーダーを通すというチャレンジでは、「バイク」というお題をキーとミンホが忠実に再現するも、アンカーのテミンがバイクの横に人形を置いたせいで回答者のオンユが「事故……?」と答えそうになるという珍プレーが起き、4人はこれに大爆笑。そして、食材を順にトスでリレーし、ボールに運び入れる4つ目のゲームでは、ついにルールが“崩壊”。「俺の人生にルールはない!」と言って、指定された道具を使わずにオンユの持つボールに食材を投げ入れたり、卵を手にジャグリングを披露するキーのエンタテイナーぶりに、ミンホとテミンは床を転げ回りながら大爆笑していた。

最後に用意されたゲームは、時間内になるべく早くテーブルクロス引きを成功させるというもの。すると、2人目のチャレンジャーのオンユが即座にこれを成功させたため、4人は残る制限時間で“ピクニックごっこ”を繰り広げてチャレンジ達成を喜んだ。仲のよさ全開でワイワイとチャレンジを楽しんだメンバーは、結果すべてのゲームで“星3つ”を獲得し、キーは「楽しかったですね!」と満足げな笑みを浮かべていた。

SHINee

SHINee[拡大]

イベントの後半に用意されたライブパートは「Don't Call Me」でスタート。ゲームコーナーの砕けた雰囲気とは打って変わり、4人はシリアスな表情でカメラの向こう側を見据えながら激しいパフォーマンスを披露し、観る者を圧倒する。オンユやキーのパワーボーカルが炸裂するクールな「Atlantis」を続けたのち、3曲目に届けられたのはひさびさの披露となった日本語楽曲の「Diamond Sky」。ファンの人気も高いロマンティックなナンバーを4人は温かなボーカルリレーで歌いつなぎ、優しい眼差しでダイアモンドを形作った右手を空に掲げた。

SHINee

SHINee[拡大]

3曲を終えて、キーは「『Diamond Sky』はすごくひさしぶりに披露しましたね。昔のいろいろなステージが記憶に残っています」とコメント。テミンは「日本語の歌をみんなで歌うのがひさしぶりだったから、緊張して歌詞を間違えてしまいました」と照れ笑いを浮かべた。するとここで、メンバーへのサプライズとして、日本での10年間の活動をまとめたVTRが上映された。たくさんの思い出が凝縮された映像を驚きの表情で見つめたメンバーは一様に言葉を失い、キーは頬に涙を光らせながら「10年って、時間が過ぎるのは速いですね……」とつぶやく。ミンホは優しい笑みを浮かべながら「本当に感動をもらいました。この感動と感謝の気持ちに僕たちも応えないといけないですね」と思いを語っていた。

SHINee

SHINee[拡大]

そして、SHINeeはイベントの最後に、7月28日に日本でリリースされるミニアルバムの収録曲から2曲をファンへプレゼントした。1曲目の「SEASONS」は優しいミドルバラード。そして、ラストナンバーとして披露された「SUPERSTAR」はミニアルバムのリードトラックで、キーはこの曲について「テンションが上がるファンキーな曲です」と解説。4人は弾けるように明るくさわやかなダンスパフォーマンスとともに、「誰もがSUPERSTAR」と歌う楽曲のメッセージをファンに歌い届けた。

SHINee

SHINee[拡大]

約2時間に渡りメンバーのさまざまな表情が届けられたイベントはフィナーレを迎え、4人は最後の挨拶をすべくファンと向き合う。サプライズVTRの大きな余韻を引きずったままのオンユは「最後に表情を隠せなくてごめんなさい」とファンに伝え「本当に会いたいです」と言葉を絞り出した。「今年は本当に……」と切り出したテミンもあふれる思いに言葉が詰まってしまい、オンユに背中を支えたられたテミンの様子を察したキーは「テミンはあとにしようか」と彼を気遣う。そしてミンホは「(サプライズ)映像にとても感動しました。みんなに感謝しています。早く会って、一緒にこういう時間を作りましょう」とメッセージを送った。

SHINee

SHINee[拡大]

ミンホの言葉ののち、キーは「ここまで走ってきて、言葉では表現できないほどいろんな経験をして、たくさんの愛や応援をもらいました。ヒストリーを映像で観たらいろんなことを思い出して、涙を見せてしまいましたが……みんなでがんばってきたので、これからもがんばっていきたいし、早く皆さんに会えたらいいなって思います。これからもよろしくお願いします」とメンバーの思いをまっすぐに語り、彼の言葉でこの日のイベントは締めくくられた。

なお、明日5月24日に、イベントで披露された新曲「SUPERSTAR」が先行配信される。

この記事の画像(全12件)

SHINeeのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 SHINee / どりあんず の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。