Creepy Nuts、DISH//、KALMA、マルシィ、the shes goneがライブとトークで白熱した「BBB LIVE」

898

スペースシャワーTVとuP!!!が発信する無料配信ライブイベント「BOOM BOOM BOOM LIVE vol.2」が4月27日に行われた。

Creepy Nuts(Photo by AZUSA TAKADA)

Creepy Nuts(Photo by AZUSA TAKADA)

大きなサイズで見る(全23件)

「BOOM BOOM BOOM」とはスペースシャワーTVを中心に各種音楽ストリーミングサービス、uP!!!、第一興商などがタッグを組み、新人アーティストに特化したヒットの創出を目指すプロジェクト。このプロジェクトの一環で行われている「BOOM BOOM BOOM LIVE」の第2回にはゲストアーティストとしてCreepy NutsDISH//、そして新人アーティスト応援企画「STARTERS MATCH」を勝ち抜いた上位3組のKALMAマルシィthe shes goneが出演した。

the shes gone(Photo by AZUSA TAKADA)

the shes gone(Photo by AZUSA TAKADA)[拡大]

トップバッターで登場したのは「STARTERS MATCH」で3位に選出されたthe shes gone。彼らは柔らかなギターリフとボーカルが心地いい「想いあい」、楽しげな恋心をつづった「甘い記憶」、切なさをはらんだ「ふたりのうた」をまっすぐな歌声で届けた。ライブ後のトークパートでは「STARTERS MATCH」のエントリー楽曲「想いあい」「ふたりのうた」がどちらも2019年にリリースされた作品であることについて兼丸(Vo, G)が「1年半以上昔の曲なんですけど、今回のイベントのお陰で再び注目されて、たくさん聴いてもらえてうれしい」と語った。

マルシィ(Photo by AZUSA TAKADA)

マルシィ(Photo by AZUSA TAKADA)[拡大]

2組目は「STARTERS MATCH」2位を獲得した、福岡を拠点に活動しているマルシィ。うきょう(Vo, G)は「この配信を通じて今日初めて僕らのことを知ってくれた人、聴いてくれた人、本当にありがとうございます。最後まで全力でやり切りたいと思います」と挨拶し、透明感あふれるボーカルで「雫」や「絵空」など4曲を歌い上げた。トークコーナーでは4人が約1年ぶりだというライブの感想について語ったほか、福岡の音楽シーンにも触れ、進行役を務める小関裕太の友人で福岡出身のエジマハルシ(ポルカドットスティングレイ)が話題にのぼるひと幕もあった。

畑山悠月(Vo, G / KALMA)(Photo by AZUSA TAKADA)

畑山悠月(Vo, G / KALMA)(Photo by AZUSA TAKADA)[拡大]

そして「STARTERS MATCH」1位に輝いたKALMAは、畑山悠月(Vo, G)が飛び跳ねながら歌った「デイズ」でライブをスタート。彼は「僕らランキング1位を取ったんですけど、正直あんまり気にしてなかったです。このライブに出れたらいいなと思っていたら出れました。だからうれしいです! 今日は一番大きい声で歌います!」と興奮気味にしゃべり、駆け出しそうな勢いのまま「ねぇミスター」の演奏へとなだれ込む。最後はサビを3人で歌う「さくら」で締めくくった。トークコーナーでは小関が「ねぇミスター」が大好きだと熱弁すると、畑山も「ライブで『幸せだー』を歌っているときに拍手しているのが見えてうれしかったです」と顔をほころばせた。

北村匠海(Vo, G / DISH//)(Photo by AZUSA TAKADA)

北村匠海(Vo, G / DISH//)(Photo by AZUSA TAKADA)[拡大]

続いては今年初ライブだというDISH//が登場。アニメ「僕のヒーローアカデミア」のオープニングテーマで、CDリリース前の「No.1」や、ライブ初パフォーマンスとなったJQ(Nulbarich)提供の「QQ」などを次々と披露していく。北村匠海(Vo, G)は「ひさびさのライブで感情が高ぶりすぎて……たくさんミスをしました(笑)。帰ったら反省します」と照れ笑いを浮かべつつ、最後に汗を光らせながらヒット曲「猫」を熱唱。矢部昌暉(Cho, G)のコーラスが美しく重なるバンドアレンジで届けた。

Creepy Nuts(Photo by AZUSA TAKADA)

Creepy Nuts(Photo by AZUSA TAKADA)[拡大]

トリのCreepy Nutsは1曲目からフルスロットルの「バレる!」をパフォーマンス。R-指定は「今日のライブは配信ですけれども、配信やからこそできる盛り上がり方で楽しんでいってもらえたらと思います」と画面越しのオーディエンスに呼びかけた。また「Bad Orangez」では視聴者にハンドクラップを煽り、自身も大きく手を広げるなど、無観客を感じさせない熱のこもったフロウを見せつけた。

イベント進行を務めた小関裕太。(Photo by AZUSA TAKADA)

イベント進行を務めた小関裕太。(Photo by AZUSA TAKADA)[拡大]

このほかCreepy NutsとDISH//が参加したトークコーナーではそれぞれのマイブームを語る場面も。「オカルト系のYouTubeを観ること」と答えたR-指定と、都市伝説好きだという橘柊生(DISH//)が意気投合し、大いに盛り上がった。

この配信ライブのアーカイブは5月5日12:00まで視聴可能。「BOOM BOOM BOOM」では全出演アーティストのセットリストをプレイリストとして楽しむこともできる。さらにTwitterではハッシュタグ「BBBレポ」を付けてプレイリストの感想を投稿すると抽選で3名に出演者全員のサインが入ったTシャツがプレゼントされるキャンペーンも行われている。

この記事の画像(全23件)

「BOOM BOOM BOOM LIVE vol.2」2021年4月27日 セットリスト

the shes gone

  1. 想いあい
  2. 甘い記憶
  3. ふたりのうた

マルシィ

  1. プラネタリウム
  2. ワスレナグサ
  3. 絵空

KALMA

  1. デイズ
  2. これでいいんだ
  3. ねぇミスター
  4. さくら

DISH//

  1. No.1
  2. QQ
  3. ルーザー
  4. 勝手にMY SOUL

Creepy Nuts

  1. バレる!
  2. 顔役
  3. Bad Orangez
  4. Who am I
  5. かつて天才だった俺たちへ
全文を表示

関連する特集・インタビュー

関連記事

Creepy Nutsのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 Creepy Nuts / DISH// / KALMA / マルシィ / the shes gone / 小関裕太 の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。