reGretGirlがメジャー1stアルバム携え東名阪ツアー完走、ファンとの再会に「こんなに幸せな職業はない」

120

reGretGirlのライブツアー「reGretGirl spring tour 2021 "curtain call"」の最終公演が、3月26日に東京・TSUTAYA O-EASTで開催された。

reGretGirl「reGretGirl spring tour 2021 "curtain call"」東京公演の様子。(撮影:白石達也)

reGretGirl「reGretGirl spring tour 2021 "curtain call"」東京公演の様子。(撮影:白石達也)

大きなサイズで見る(全7件)

reGretGirl「reGretGirl spring tour 2021 "curtain call"」東京公演の様子。(撮影:白石達也)

reGretGirl「reGretGirl spring tour 2021 "curtain call"」東京公演の様子。(撮影:白石達也)[拡大]

「reGretGirl spring tour 2021 "curtain call"」は、reGretGirlが1月にリリースしたメジャー1stアルバム「カーテンコール」を携えて行った東名阪ツアー。公演ではアルバム収録曲がすべてセットリストに組み込まれたほか、過去に発表されたファンに馴染み深い楽曲もパフォーマンスされた。

平部雅洋(Vo, G)(撮影:白石達也)

平部雅洋(Vo, G)(撮影:白石達也)[拡大]

前田将司(D)が弾けるようなドラムの音色を響かせると、ライブは疾走感あふれる「ルート26」でスタート。続いて彼らは軽快なリズムが心地よい「インスタント」、バンドの人気曲「Shunari」を披露し、冒頭からオーディエンスを盛り上げていく。平部雅洋(Vo, G)の「今日のライブでは新しい曲をバンバンやっていきます」という挨拶のあと「pudding」に突入すると、アップテンポなバンドサウンドとオーディエンスのハンドクラップが混ざり合い、大きな一体感が会場を包み込んだ。

十九川宗裕(B)(撮影:白石達也)

十九川宗裕(B)(撮影:白石達也)[拡大]

その後、最新アルバムから「AJAX」「幸せなんて」、インディーズ時代に発表した「キスの味」「ブロッサム」をパフォーマンス。十九川宗裕(B)の歌うようなベースラインが印象的な「ピアス」では平部がエモーショナルな歌声を届け、演奏が終わった直後に「やっぱライブってええな」と2回繰り返しつぶやく一幕も。中盤に差し掛かると、reGretGirlはサポートメンバーの坂本夏樹(G)と雪下直矢(Key)を迎え、5人編成で最新アルバムのリード曲「グッドバイ」を披露。続いてアコースティックギターのアルペジオが光る「二色浜」、バンド初期の楽曲「デイドリーム」が情感豊かなサウンドに乗せて展開された。

前田将司(D)(撮影:白石達也)

前田将司(D)(撮影:白石達也)[拡大]

ライブ終盤、肩からギターを下ろした平部はステージ中央に設置されたエレクトリックピアノの前へ。「コロナ禍で家にいる時間が長くなって、ピアノが弾けるようになりました。1曲やろうと思います」と話したのち、アルバムのラストを飾るバラードナンバー「約束」を、エレピの弾き語りを織り交ぜて伸びやかに歌い上げた。その後、彼らは「おわりではじまり」「Longdays」「スプリング」を3曲続けて演奏。平部はコロナ禍で思うようにライブが行えなかった昨年を振り返りつつ、「みんなもう僕らのことなんか忘れてしまうんちゃうかなと思う日があった。でも今回ひさしぶりにツアーができて、僕らまだまだやっていけるなと感じることができました」「自分の住んでない街にも、こうして足を運べば待っていてくれる人がいるなんて、こんなに幸せな職業はない」と涙ながらに語った。そして、「僕らの曲は、どちらかといえばマイナスな感情を歌うことが多い。でも僕も人間ですから、うれしくてうれしくて、泣けてしまうこともたくさんある。そんな僕の喜びをみんなと分かち合いたい」と続け、「君がいてよかった」という思いを込めて制作したというアルバムの表題曲「カーテンコール」に突入。愛しい人への思いをストレートに歌った同曲をエモーショナルに届けた。

reGretGirl「reGretGirl spring tour 2021 "curtain call"」東京公演の様子。(撮影:白石達也)

reGretGirl「reGretGirl spring tour 2021 "curtain call"」東京公演の様子。(撮影:白石達也)[拡大]

アンコールでは、3人が「胸の内を聞かせてほしいだけ」を軽やかに演奏。またメンバーが「この曲がなかったら、きっと僕らはここに立っていなかったでしょう」と次曲の紹介をしたのち、「reGretGirlは『がんばれよ』とか『大丈夫』という言葉を投げかけるバンドではない。でも僕は不安なとき、つらいときの気持ちをよく知ってるから、みんなに『無理すんなよ』『泣いたらええよ』と言うことならできます。背中を押すのではなく、隣でギュッと手をつないでいられる。僕はそういう人間です」と語り、代表曲「ホワイトアウト」を力強く響かせた。そして最後にアップテンポなロックナンバー「replay」を勢いよく奏でた3人は、「また絶対会おうな!」という言葉とともにステージをあとにした。

reGretGirl「reGretGirl spring tour 2021 "curtain call"」東京公演の様子。(撮影:白石達也)

reGretGirl「reGretGirl spring tour 2021 "curtain call"」東京公演の様子。(撮影:白石達也)[拡大]

なお各種サブスクリプションサービスでは、セットリストで構成されたプレイリストを配信している。

この記事の画像(全7件)

reGretGirl「reGretGirl spring tour 2021 "curtain call"」2021年3月26日 東京・TSUTAYA O-EAST セットリスト

01. ルート26
02. インスタント
03. Shunari
04. pudding
05. AJAX
06. 幸せなんて
07. キスの味
08. ブロッサム
09. ピアス
10. グッドバイ
11. 二色浜
12. デイドリーム
13. 約束
14. おわりではじまり
15. Longdays
16. スプリング
17. カーテンコール
<アンコール>
18. 胸の内を聞かせてほしいだけ
19. ホワイトアウト
20. replay

全文を表示

関連する特集・インタビュー

reGretGirlのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 reGretGirl の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。