国内フェス主催7社らが安全・安心な野外音楽フェス発展を目指すコンソーシアム設立

11304

音楽フェスを主催する事業者7社らが発起人を務める共同事業体「野外ミュージックフェスコンソーシアム」が本日3月22日に設立された。

発起人を務める7社が主催する野外フェスのロゴ。

発起人を務める7社が主催する野外フェスのロゴ。

大きなサイズで見る

現在野外音楽フェスは日本全国で年間300件近く開催されており、数万人から数十万人を動員する大型イベントも存在する。各公演は観光やファッションなど多様な文化の発信となるだけでなく、主催者と開催地である自治体とが連携し、交通宿泊費や事前消費額がイベントとしての売上を上回るなど、各地方において大きな経済効果を生み出しており、日本全体での音楽フェス経済波及効果はおよそ3700億円とされている。しかし昨年は新型コロナウイルス感染拡大の影響により音楽フェスの開催中止が続出、文化的にも経済的にも大きな損出を招いた。

「野外ミュージックフェスコンソーシアム」では野外音楽フェスのさらなる発展を目的に掲げ、継続的に活動を実施。野外イベントは屋内でのイベントに比べて密閉が少なく、感染リスクが低いことを生かし、各イベントが連携してルール作りとその周知を行うことで、安全かつ安心な野外音楽フェスの開催および拡大を目指す。その一環として地方との連携事例の共有、コロナウイルス感染症対策を中心としたガイドラインの策定と周知、政府や行政・自治体への要望などを展開していく。

「野外ミュージックフェスコンソーシアム」発起・協力事業者

発起人

・株式会社スペースシャワーネットワーク 代表取締役社長 近藤正司氏(SWEET LOVE SHOWER / 代表発起人)
・株式会社ウエス 常務取締役 若林良三氏(RISING SUN ROCK FESTIVAL)
・株式会社ジー・アイ・ピー 専務執行役員 菅真良氏(ARABAKI ROCK FEST. )
・株式会社スマッシュ 取締役 石飛智紹氏(FUJI ROCK FESTIVAL)
・株式会社ロッキング・オン・ジャパン 取締役 海津亮氏(ROCK IN JAPAN FESTIVAL)
・株式会社クリエイティブマンプロダクション 統括副部長 大野哲義氏(SUMMER SONIC)
・株式会社グリーンズコーポレーション 執行役員 力竹総明氏(RUSH BALL)
・一般社団法人 CiP協議会

協力

・尚美学園大学 准教授 江頭満正氏
・ティーム有限会社 新井田貴則氏
・株式会社ボードウォーク エグゼクティブ・プロデューサー 槇雄説樹氏
・タワーレコード株式会社

全文を表示

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。