「奇跡は起きるんだな」草なぎ剛「ミッドナイトスワン」が日本アカデミー賞最優秀作品賞&主演男優賞に

2422

草なぎ剛が主演を務めた映画「ミッドナイトスワン」が、本日3月19日に東京・グランドプリンスホテル新高輪で行われた授賞式「第44回日本アカデミー賞」で作品賞に輝いた。

草なぎ剛

草なぎ剛

大きなサイズで見る(全8件)

「ミッドナイトスワン」は、内田英治が監督および脚本を担当した作品。草なぎ演じるトランスジェンダーの主人公・凪沙と、服部樹咲が演じる親から虐待されてきた少女・一果が心を通わせていく物語が描かれる。

トロフィーを受け取る草なぎ剛(左)。

トロフィーを受け取る草なぎ剛(左)。[拡大]

作品賞のトロフィーを受け取った草なぎは、受賞に際し「奇跡は起きるんだなと思って。あきらめたりしないで、一歩ずつ……たまには振り返ることもあると思うんですけど、またそこから少しでも進んでいくと、いいことがあるんだなと思って。この映画を愛していただいてありがとうございました」とコメントした。

最優秀作品賞「ミッドナイトスワン」の(左から)内田英治監督、草なぎ剛、服部樹咲、森谷雄プロデューサー。

最優秀作品賞「ミッドナイトスワン」の(左から)内田英治監督、草なぎ剛、服部樹咲、森谷雄プロデューサー。[拡大]

また草なぎは、同じく「ミッドナイトスワン」で最優秀主演男優賞も受賞した。彼が同賞を受けるのは今回が初めて。スピーチで「……マジっすか」と率直な思いを口にした草なぎは「今まで皆さんと仕事させてもらえたこと、“NAKAMA”の皆さんに応援していただいてることとか。(香取)慎吾ちゃんとか、(稲垣)吾郎さんとか近い人たちが支えてくれて、今日、ここの舞台に立てたんだなと思ってうれしいです」と、喜びと感謝を口にし「1人ひとりの人生がよりよく、自由にまっとうできるような、そんな作品を作っていきたい。そして人との関わりの中で、自分の人生をまっとうしていきたいと思います」と思いを語った。

永瀬廉(King & Prince)

永瀬廉(King & Prince)[拡大]

ほか、授賞式では梶浦由記と椎名豪が「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」で最優秀音楽賞を受賞。King & Prince永瀬廉は「弱虫ペダル」で新人俳優賞を受賞し「弱虫にならず、エンタメという坂を登り続けられるように、今後もがんばっていきます」とスピーチした。

※草なぎ剛のなぎは弓へんに前の旧字体、その下に刀が正式表記。

この記事の画像(全8件)

草なぎ剛のほかの記事

リンク

(c)日本アカデミー賞協会

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 草なぎ剛 / 新しい地図 / 梶浦由記 / King & Prince / 永瀬廉 / 星野源 / 菅田将暉 / ミッドナイトスワン の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。