ACIDMAN、XIIX、緑黄色社会「LIVE HOLIC」で代表曲から最新曲まで熱演

623

ACIDMANXIIX緑黄色社会が、昨日2月23日に東京・USEN STUDIO COASTで開催されたライブ「uP!!! SPECIAL LIVE HOLIC extra vol.5 supported by SPACE SHOWER TV」に出演した。

ACIDMAN(Photo by AZUSA TAKADA)

ACIDMAN(Photo by AZUSA TAKADA)

大きなサイズで見る(全15件)

「LIVE HOLIC」はエンタテインメントサービス・uP!!!が企画するツーマンライブシリーズ。「LIVE HOLIC extra」は過去の「LIVE HOLIC」出演者が集うシリーズで、今回は東京公演にACIDMAN、XIIX、緑黄色社会がバンドセットで、3月14日に大阪・なんばHatchで行われる大阪公演に金井政人&東出真緒(BIGMAMA)、ヤマサキセイヤ(キュウソネコカミ)、山田将司(THE BACK HORN)、井上竜馬(SHE'S)、内澤崇仁(androp)、Yurin(サイダーガール)がアコースティックスタイルで出演する。

斎藤宏介(XIIX)(Photo by AZUSA TAKADA)

斎藤宏介(XIIX)(Photo by AZUSA TAKADA)[拡大]

東京公演のトップバッター・XIIXは須藤優(B)のベースから始まるグルーヴィな楽曲「ilaksa」でライブをスタート。怪しげなライティングの中で斎藤宏介(Vo, G)が繰り出す小気味よいギターの音とハイトーンボイスが響いた。踊るようなベースラインと甘酸っぱいギターサウンドが溶け合う「LIFE IS MUSIC!!!!!」、斎藤の歌声とバンドメンバー全員によるコーラスの掛け合いでスケール感を演出した「Light & Shadow」と続けたあと、XIIXは最新アルバム「USELESS」より新曲「おもちゃの街」を披露。トイピアノの音色などを取り入れた温かみのあるサウンドで会場を満たした。

XIIX(Photo by AZUSA TAKADA)

XIIX(Photo by AZUSA TAKADA)[拡大]

同じく「USELESS」の収録曲「Halloween Knight」に続いて披露された「Answer5」では、須藤のうねるようなベースラインの上で斎藤のパワフルなボーカルが突き抜ける。メンバー紹介も兼ねたこの楽曲では、それぞれのソロプレイも炸裂した。ジャジーな質感の「Stay Mellow」では斎藤がラップで客席を圧倒。最後は「USELESS」を象徴する楽曲「ユースレス・シンフォニー」で幸福感いっぱいに締めくくった。

長屋晴子(緑黄色社会)(Photo by AZUSA TAKADA)

長屋晴子(緑黄色社会)(Photo by AZUSA TAKADA)[拡大]

2番手の緑黄色社会はテレビアニメ「僕のヒーローアカデミア」のエンディングテーマとして使用されていた「Shout Baby」を1曲目に選び、長屋晴子(Vo, G)のパワフルな歌声でさっそく観客を圧倒。最新シングル「結証」のカップリング曲「LADYBUG」では、情熱的な歌とオリエンタルなサウンドでリョクシャカの新境地を観客にアピールした。長屋は「『LIVE HOLIC』は大好きな場所。最後までいい日にできたらと思います」と意気込みを語り、ドラマチックなバラード「想い人」を熱唱。小林壱誓(G, Cho)の弾くエモーショナルなギターの音色とpeppe(Key, Cho)による流麗なピアノサウンドも相まって会場は感動的な空気に包まれた。

緑黄色社会(Photo by AZUSA TAKADA)

緑黄色社会(Photo by AZUSA TAKADA)[拡大]

穴見真吾(B, Cho)と小林がステージ前方に躍り出て観客を挑発するように楽器をプレイし始まったのは「Alice」。その勢いのまま突入した代表曲「Mela!」では客席から自然とハンドクラップが湧き上がる。4人の笑顔あふれるパフォーマンスに観客たちは手を振って応えた。「あのころ見た光」「sabotage」と開放感たっぷりの楽曲を立て続けに披露したあと、長屋は今回で3回目の出演となる「LIVE HOLIC」への愛と感謝を語る。そしてラストナンバーとして最新シングルの表題曲「結証」が演奏されると、観客はスマートフォンのバックライトを点灯させるサプライズで4人を驚かせた。

大木伸夫(ACIDMAN)(Photo by AZUSA TAKADA)

大木伸夫(ACIDMAN)(Photo by AZUSA TAKADA)[拡大]

トリを務めるACIDMANは、SEが途切れると同時に浦山一悟(Dr)がドラムソロを披露するオープニングで観客を驚かせる。そして大木伸夫(Vo, G)と佐藤雅俊(B)がエッジィなリフを弾き、そのまま「to live」でライブをスタートさせた。活動歴20年を超える3人の貫禄を感じさせるパフォーマンスに観客は熱狂。声は出せずとも力強い手拍子で高揚感をステージに伝えた。東京で有観客ライブを行うのは実に1年2カ月ぶりだというACIDMAN。大木は「やっと戻ってきたな。丁寧にやっていけば未来は明るい。つらい環境の方たくさんいると思いますが大丈夫。僕たちは前を向いていけば何も怖いものはない。前を向いていきましょう」とオーディエンスに呼びかけ、アニメ「あひるの空」のオープニングテーマ「Rebirth」を力強く歌唱した。

ACIDMAN(Photo by AZUSA TAKADA)

ACIDMAN(Photo by AZUSA TAKADA)[拡大]

巨大なミラーボールがまばゆい光を放つ中、ACIDMANは代表曲の1つ「FREE STAR」を熱演。佐藤が鳴らす怪しげなベースラインがループする「spaced out」では、BPMが極端に変化する緩急のある展開で混沌とした楽曲世界の中へ観客を導いた。大木は「ライブはかけがえのないものだと僕ら自身もすごく感じました」「このライブをきっかけに世界がまた美しくなりますように」と語り、昨年リリースした壮大な世界観の楽曲「灰色の街」を祈るように歌った。ラストを飾ったのは代表曲「ある証明」。エネルギーを使い果たすかのように渾身の演奏を披露したACIDMANには万雷の拍手が贈られた。

なおこのライブの視聴チケットを持っている人は、本日20:00から2月26日(金)20:00までアーカイブ映像を楽しむことができる。

この記事の画像(全15件)

「uP!!! SPECIAL LIVE HOLIC extra vol.5 supported by SPACE SHOWER TV」2021年2月23日 USEN STUDIO COAST セットリスト

XIIX

01. ilaksa
02. LIFE IS MUSIC!!!!!
03. Light & Shadow
04. おもちゃの街
05. Halloween Knight
06. Answer5
07. Stay Mellow
08. ユースレス・シンフォニー

緑黄色社会

01. Shout Baby
02. LADYBUG
03. 想い人
04. Alice
05. Mela!
06. あのころ見た光
07. sabotage
08. 結証

ACIDMAN

01. to live
02. Rebirth
03. FREE STAR
04. spaced out
05. 灰色の街
06. ある証明

全文を表示

ACIDMANのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 ACIDMAN / XIIX / 緑黄色社会 の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。