マカロニえんぴつ「hope」配信ライブで憧れの人に変身、歌で希望を届ける

1086

マカロニえんぴつが昨日1月27日に神奈川・KT Zepp Yokohamaで配信ライブ「マカロック振替配信ワンマン ~Zepp横浜から希望を込めて~」を行った。

「マカロック振替配信ワンマン ~Zepp横浜から希望を込めて~」の様子。(撮影:酒井ダイスケ)

「マカロック振替配信ワンマン ~Zepp横浜から希望を込めて~」の様子。(撮影:酒井ダイスケ)

大きなサイズで見る(全43件)

マカロニえんぴつ(撮影:酒井ダイスケ)

マカロニえんぴつ(撮影:酒井ダイスケ)[拡大]

マカロニえんぴつは、昨年4月から6月にかけて2ndフルアルバム「hope」のリリースツアー「マカロックツアーvol.10 ~わずかな希望を探し求める者たちよ篇~」の開催を予定していたが、政府が発表した新型コロナウイルス感染症拡大予防に関するガイドラインを踏まえ、ツアーは全公演中止に。配信ライブではこのツアーで演奏予定だった「hope」の収録曲を中心に、ファンから募ったリクエスト曲など全15曲が披露された。

「マカロック振替配信ワンマン ~Zepp横浜から希望を込めて~」の様子。(撮影:酒井ダイスケ)

「マカロック振替配信ワンマン ~Zepp横浜から希望を込めて~」の様子。(撮影:酒井ダイスケ)[拡大]

定刻を少し過ぎた頃、スタンバイ中の画面が切り替わると、カメラが「hope」のロゴにズームアップ。揺らめくろうそくの火を前にはっとり(Vo, G)、高野賢也(B, Cho)、田辺由明(G, Cho)、長谷川大喜(Key, Cho)は「夜と朝のあいだ」で静かにライブの幕を開けた。力強いドラミングでスタートした「遠心」では田辺のワウギターと長谷川のシンセサウンドが鮮烈なインパクトを与え、続く「ボーイズ・ミーツ・ワールド」では4人の姿がドローンで撮影され、ファンはさまざまな角度からステージの様子を楽しんだ。

「マカロック振替配信ワンマン ~Zepp横浜から希望を込めて~」の様子。(撮影:酒井ダイスケ)

「マカロック振替配信ワンマン ~Zepp横浜から希望を込めて~」の様子。(撮影:酒井ダイスケ)[拡大]

はっとりは中止にせざるを得なかった「マカロックツアーvol.10 ~わずかな希望を探し求める者たちよ篇~」への悔しい思いを吐露。「アルバムってリリースして完成かと思いきや、バンド的にはリリースツアーを終えて、作品を俯瞰することでやっと完成すると思っていて。『hope』は未完成という気がして、なんとか折り合いをつけられないかなと思っていました」と配信ライブの実施に至った経緯を説明した。そして、ツアーの中止を発表しつつも「『hope』のツアーはまだあきらめてないですから」と付け加えた。MCが終わると、ステージ上のスクリーンには水しぶきや光の粒の映像が。これを背に「Mr.ウォーター」では、はっとりがジャジーで破壊的なサウンドに乗せ、さまざまな声色を操った。「たしかなことは」「ヤングアダルト」を情感込めて畳みかけたあと、2ndフルアルバムの表題曲「hope」のオルゴール音とともにメンバーの幼少期の写真が公開され、視聴者は彼らの成長記録を目に焼き付ける。感動的な幕間映像が終わると、メンバーは憧れの人物に変身して「あこがれ」を演奏。阪神タイガースの今岡誠選手を応援していたはっとりは野球選手、高野はアニメ好きになった原点だという「セーラームーン」のセーラーマーキュリー、ハードロックを愛する田辺はヘヴィメタルのバンドマン、そして料理好きの長谷川はシェフのコスチュームを着て、温かなアンサンブルを響かせた。「恥も外聞もなく、すべてさらけ出したいと思います」というはっとりの宣言をきっかけに、4人は「この度の恥は掻き捨て」をライブで初披露。曲が進むにつれてテンポを加速させるスキルフルな演奏で、視聴者を圧倒した。

「マカロック振替配信ワンマン ~Zepp横浜から希望を込めて~」の様子。(撮影:酒井ダイスケ)

「マカロック振替配信ワンマン ~Zepp横浜から希望を込めて~」の様子。(撮影:酒井ダイスケ)[拡大]

ライブが終盤に差し掛かると、リクエストコーナーへと突入。「愛の手」「ワンドリンク別」「MUSIC」と人気ランキングの3位から順に聴かせ、本人たちもこの結果に満足げな様子だった。一旦演奏を終えたメンバーは、何度か行ってきた配信ライブについて触れ、長谷川は「配信のプロだよ!」とひと言。この言葉を受けてはっとりは「今年はファンのみんなとライブがしたいし、飛躍の年にしたいよね」と思いを語った。2021年の決意を胸に、4人はメジャーデビューCD「愛を知らずに魔法は使えない」の収録曲「mother」を熱演し、私立恵比寿中学への提供曲「愛のレンタル」をセルフカバー。SpotifyのCMソングとして人気の「恋人ごっこ」を甘く歌い上げたはっとりは「あなたにとっての希望はなんですか? 何個ありましたか? 何個失いましたか?」と視聴者に問いかける。さらに「そのうちの1つが僕らなら安心してください。どこにも行かないので。歌い続けると決めたし、絶望と向き合うと決めました。そんな俺たちが大事なことをそっと渡すので、独り占めしないで誰かに渡していってください」と熱っぽく語り、メンバーは充実した表情を浮かべながら、2ndフルアルバムの表題曲「hope」でライブを終えた。なお公演のアーカイブ映像は1月31日までStagecrowdにて配信中。

この記事の画像(全43件)

マカロニえんぴつ「マカロック振替配信ワンマン ~Zepp横浜から希望を込めて~」2021年1月27日 KT Zepp Yokohama セットリスト

01. 夜と朝のあいだ
02. 遠心
03. ボーイズ・ミーツ・ワールド
04. Mr.ウォーター
05. たしかなことは
06. ヤングアダルト
07. あこがれ
08. この度の恥は掻き捨て
09. 愛の手
10. ワンドリンク別
11. MUSIC
12. mother
13. 愛のレンタル
14. 恋人ごっこ
15. hope

全文を表示

関連記事

マカロニえんぴつのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 マカロニえんぴつ の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。