下北沢のライブハウス9店舗をイメージしたエフェクター発売、SHELTERはディストーション

4277

東京・下北沢の各ライブハウスをモチーフとしたエフェクター「Kitazawa Effector」が本日1月18日に発売された。

「Kitazawa Effector」告知ビジュアル

「Kitazawa Effector」告知ビジュアル

大きなサイズで見る(全10件)

このたび販売がスタートしたのは、下北沢GARAGE、下北沢CLUB Que、下北沢ERA、下北沢SHELTER、下北沢Daisy Bar、下北沢CLUB251、下北沢440、下北沢MOSAiC、下北沢BASEMENT BARの個性や歴史を反映させたサウンドコンセプトの全9モデル。コロナ禍で一変してしまった下北沢のライブハウスシーンを活気付けるべく、下北沢でスタジオ事業を営む株式会社Evergreen Leland Studioが各店の協力のもと制作した。

価格は税別2万円。購入者には特典として各モデルのモチーフとなったライブハウスのドリンクチケットがプレゼントされる。

この記事の画像(全10件)

制作者コメント

GARAGE Over Drive

どんなスタイルにも「馴染みやすく・埋もれない」音を目指しました。
音の太いドライブサウンドにキレの良いコンプレッション感が魅力です。
バンドサウンドにはかかせない正統派ギターのバンドにぜひ!

QUE Over Drive

指先のニュアンスが伝わるオーバードライブサウンドを突き詰めています。
弾き手のアタックに素早く反応するタイトさがあり、 きらびやかな音色が魅力。
いつの時代やシーン・ジャンルにおいても「使える」場面が多い王道サウンドです!

ERA Distortion

特徴は「しっかり歪む」ローとハイのバランス、 振り幅の大きさが魅力です。
ハイゲインなのでメタルやラウドなロックから、 リバーブを効かせたアンビエントなロックにもよく合います!

SHELTER Distortion

きめの細かなドライブサウンドにキレの良い低音と伸びやかな高音が魅力です。
ハムバッカーには特に相性抜群で、 シングルコイルにはGAINを上げてピーキーにしてもGOOD!

DAISY Fuzz

歯切れのいいドライブにセッティングしていますのでロックシーン全般にお使いいただけます。
歪みやすいアンプに合わせて、 飛び道具的に使用されるのもかっこいい音になります!

251 Fuzz

低音に絡みつくような高音のディストーションサウンドが直感的なプレイによく合います。
ギターが咆哮するような強いアタックにも、 GAINを抑えたメロウな使い方にもぜひ!ベースにもGOOD!

440 Booster

開発者のオススメとして「全音域を持ち上げる」設定にしています。
弾き手に応えるレスポンス、 TONEやGAINを足すとブリリアントな響きになるのが魅力です!

MOSAIC Booster

クリーンブースターとして、 ローゲインでありながらきらびやかなトーンを保ったサウンドメイクが可能です。
VOLUMEを抑えた際のコンプレッション感も魅力で、 音量を下げたいセッティングにもぜひ!

BASEMENT BassOverDrive

GAINを上げると際立つ音の輪郭に、 低音をどれだけ残すかがメイキングのキーポイントになりました。
レコーディングにおいても常時使用したくなるようなストレートさとバランスをぜひ体感してください!

全文を表示

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。