豆柴の大群が実力をしっかり示したツアー千秋楽、クロちゃんは告白コントでビンタ浴びる

539

豆柴の大群が本日1月10日に東京・渋谷duo MUSIC EXCHANGEで全国ツアー「実力をしっかりとつけるツアー」の最終公演を1日3部制で開催した。この記事では1部のライブレポートと、1~3部のMCを掲載する。

豆柴の大群(Photo by TERUMI FUKANO)

豆柴の大群(Photo by TERUMI FUKANO)

大きなサイズで見る(全7件)

「実力をしっかりとつけるツアー」は豆柴の大群にとって初の全国ツアー。初日の北海道・札幌公演が現地の新型コロナウイルス感染拡大状況を受けて延期となったが、豆柴は大阪、福岡、宮城、愛知で1日3回のライブを行い、タイトルの通り実力を身に付けてきた。ツアーファイナルも1日3部制で行われ、クロちゃん安田大サーカス)を迎えてのコントも展開された。

アイカ・ザ・スパイ、ナオ・オブ・ナオ、ミユキエンジェル、ハナエモンスター、カエデフェニックスは元気よく登場し、1月20日リリースのメジャー1stアルバム「まめジャー!」の収録曲「お願いキスミー」や、既発曲「ろけっとすたーと」「恋の掛け算 ABCDEFG」などキャッチーでポップな楽曲を次々に披露した。自己紹介に続いて豆柴は「皆さん新年明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いします! 新年一発目、楽しむ準備できてますか! 一緒にまめまめできますか!」とハナエが呼びかけてから、名刺代わりのキラーチューン「豆柴の大群-お送りするのは人生劇場-」を投下。さらにレーザーが飛び交う派手な演出の中、「FLASH」「MOTiON」「そばにいてよ Baby angel」などエッジーなロックチューンで力強いパフォーマンスを繰り出し、序盤のかわいらしい雰囲気とは違った魅力を見せつけた。

豆柴の大群とクロちゃん。(Photo by TERUMI FUKANO)

豆柴の大群とクロちゃん。(Photo by TERUMI FUKANO)[拡大]

ファンとクロちゃんへの感謝の気持ちが込められた楽曲「DADDY」のあとにはクロちゃんがステージに現れ、コント「告白」がスタートした。物語はクロちゃんがナオに背中を押され、カエデに告白するも振られてビンタされ、天使役のミユキ、ハナエ、アイカに罵倒されながら蹴られる、という流れが徐々に変化しながら繰り返されるというタイムループもの。メンバーからビンタとキックを喰らい続けたクロちゃんは、次の楽曲「君以外にモテたい」が始まると強制退場となった。

豆柴の大群(Photo by TERUMI FUKANO)

豆柴の大群(Photo by TERUMI FUKANO)[拡大]

ライブ終盤、豆柴は重厚なコーラスワークの「まめのうた」に続いて、「TO THE FUTURE」「トラスト」という四つ打ちのダンサブルな楽曲で歌い踊り、観客の体を揺らした。MCではカエデが「11月に始まったこのツアー、今日がファイナルになります。豆柴の大群の活動が本格的に始まったのは去年の1月でした。それからコロナ禍の影響で思うように活動ができなくなってしまいました。悔しい思いが募る日々の中、豆粒(豆柴の大群ファンの呼称)のみんなが温かい声をかけてくれて、私たちは前を向くことができました。ツアーでは豆粒に感謝の気持ちを伝えるつもりで準備してきました。でもライブが始まったらただただ楽しくて、豆粒のみんなと目が合うのがうれしくて。私たちのほうが元気をもらっていました。豆粒と同じ空間にいられるこの瞬間が大好きです。豆粒ともっときれいな景色を作っていきたいです。また会える日まで、もっともっと実力をしっかりと付けていきます。こんな日々ですが、強く強く生きていきましょう」と挨拶。豆粒への感謝を込め、5人は「I need you」「今」を熱唱し、「さよならしなきゃ」でライブを締めくくった。

アンコールではまずナオが挨拶。「このツアー、まだ札幌公演はできていないですが、今日がファイナルになります。こんなにたくさんの豆粒のみんなに会えたことをうれしく思います。つい先日、緊急事態宣言が出されて、ライブができないんじゃないか、みんなに会えないんじゃないかって不安だったけど、開演時間を前倒しさせていただいて、みんなに会うことができました。みんなの中にはお家の人から止められたり、行くのを迷ったりした人もいると思いますが、来てくれてすごくうれしいです。難しい状況の中、皆さんとこうやって会えたこと、絶対に忘れません。今日は実力を付けた姿をみんなに見せられていればすごくうれしいなと思います。本当にありがとうございました」と涙をぐっと堪えて来場者に感謝の言葉を送った。豆柴は最後にグループ始まりの曲であるクロちゃんプロデュースの「りスタート」、WACKプロデュースのドラマチックな楽曲「大丈夫サンライズ」を披露。感動的な余韻を残して、ステージをあとにした。

豆柴の大群(Photo by TERUMI FUKANO)

豆柴の大群(Photo by TERUMI FUKANO)[拡大]

また2部のMCではハナエがマイクを握り、「緊急事態宣言が出て、ご時世がちょっと前みたいに戻ってしまいつつあります。今日、私たちはライブができないと思っていました。でもこうやってライブができて、こんなにも多くの豆粒が来てくれて、本当にうれしいです。ありがとうございます。私たちは自粛期間後、無観客ライブをして、お客さんの顔を見られないまま活動してきたのですが、やっぱり直接の反応がないと寂しい。ずっと5人で練習してきた中で、アイドルの存在意義を考えたこともありました。でも考えている間にTwitterを見たらみんながいっぱい励ましてくれたし、手紙を書いて思いを伝えてくれたりして素晴らしいことだなって。すごくうれしくなったし、これなら乗り越えていけるって思いました。10月に初めての有観客ワンマンをして、11月からツアーをさせてもらって、手紙もTwitterもうれしいけど、やっぱり皆さんの顔を見ながらライブができるのは一番だなって。こんな状況だからきっと来れなかった人もいると思います。でも生きていたらきっと会えます。私たちは豆粒が大好きで、豆粒が必要です。一緒に強く生きましょう」と語った。2部のアンコールではアイカが涙を浮かびながら「私たちは豆粒のみんなの笑顔に元気をもらっています。元気の源ってやつですね。みんなが来てくれるって思ってなかったから本当にうれしくて……空席が出ちゃうと思っていたので今日、本当にうれしいです。ちょうど1年前の『りスタート』の頃は、持ち曲1曲をライブでやるだけで体力がなくなってました。でも1年後にはこうしてツアーを回って、1日3部もできたので成長できたかなって。まだまだ実力が足りないと思うし、5曲くらいで疲れが出てしまうこともあるので、自分なりにもっと成長していきたいです。このツアーのおかげで豆柴の大群はすごく成長したと思います。それは皆さんがいてくれたから。豆柴の大群はもっともっと成長するのでその成長過程を見守っていてほしいです」とデビュー直後の1年前を回想しながら、思いを語った。

3部ではライブ後半のMCをナオが担当。「1年前に結成されて、そのあとカエデが入り、最初はボロボロのパフォーマンスで、持ち曲は1曲でした。2020年のWACKツアーでも1曲しか披露できなくて、実力不足なところがたくさんありました。今回のツアーを通して、皆さんに少し成長した姿を見せられたなら、うれしいなって思います。ここまで来られたのは豆粒のおかげです。こんな状況で、リスクを負いながらも会場に足を運んでくれて、ありがとう。目の前で顔を合わせてライブができていることに、ありがたいな、恵まれているなって思いました。これからも豆柴の大群の成長を見守っていただけたらうれしいです」と述べた。

豆柴の大群(Photo by TERUMI FUKANO)

豆柴の大群(Photo by TERUMI FUKANO)[拡大]

3部のアンコールではミユキがコメント。ミユキは客席を見渡しながら、「2019年12月25日、クリスマスに5人の豆柴の大群になりました。デビューしてすぐにコロナというどうしようもない敵が襲いかかってきて。ライブとかイベントとかたくさんなくなりました。私たちはお客さんが声を出していいライブとかチェキの特典会とか、アイドルとして普通にあったことを数回しか経験できていなくて、それがどうしようもなく悔しくてもどかしい気持ちでいっぱいでした。私たちはライブをやっていないから実力がなかったし、SNSでは心が苦しくなるような言葉をたくさん言われました。言い返さないし、落ち込むし、でも『何を見て言ってるんだろう』と怒りを覚えたり、初期の頃は負の感情がすごくいっぱいでした。それでも豆粒の皆さんの温かい言葉をかけてくれたり、メンバー同士で支え合ったりして、なんとか乗り切ることができました。去年の10月に1stワンマンライブができたとき、豆柴の大群を好きでいてくれる人がたくさんいることを知り、私たちはこの人たち(豆粒)を幸せにするために豆柴の大群になったんだって気付かされました。今日はコロナの中でここに来るのもすごく怖かっただろうし、これからも不安な日々が続くのかなって思うこともあると思います。でも絶対に未来は変わるし、きっとよくなるし、大丈夫です。私たちも全力でがんばるので、皆さんも豆柴の大群と一緒に精一杯、これからも生きていってください」と力強く話した。豆柴の大群は3部の最後に「大丈夫サンライズ」をパフォーマンスし、ツアーを大団円へと導いた。

この記事の画像(全7件)

「豆柴の大群 実力をしっかりとつけるツアー」2021年1月10日 東京・渋谷duo MUSIC EXCHANGE セットリスト

1部

01. お願いキスミー
02. ろけっとすたーと
03. 恋の掛け算 ABCDEFG
04. サマバリ
05. 豆柴の大群-お送りするのは人生劇場-
06. FLASH
07. MOTiON
08. そばにいてよ Baby angel
09. DADDY
10. 君以外にモテたい
11. まめのうた
12. TO THE FUTURE
13. トラスト
14. I need you
15. 今
16. さよならしなきゃ
<アンコール>
17. りスタート
18. 大丈夫サンライズ

2部

01. お願いキスミー
02. ろけっとすたーと
03. 僕がいい
04. ドンクサハッピー
05. 豆柴の大群-お送りするのは人生劇場-
06. FLASH
07. MOTiON
08. CHANGES
09. DADDY
10. 君以外にモテたい
11. LUCKY!!
12. ガーデニング
13. トラスト
14. I need you
15. 今
16. さよならしなきゃ
<アンコール>
17. りスタート
18. 大丈夫サンライズ

3部

01. お願いキスミー
02. ろけっとすたーと
03. 僕がいい
04. サマバリ
05. 豆柴の大群-お送りするのは人生劇場-
06. FLASH
07. MOTiON
08. そばにいてよ Baby angel
09. DADDY
10. 君以外にモテたい
11. LUCKY!!
12. 僕だけの回答
13. トラスト
14. I need you
15. 今
16. さよならしなきゃ
<アンコール>
17. りスタート
18. 大丈夫サンライズ

全文を表示

※記事初出時、本文に誤りがありました。お詫びして訂正いたします。

豆柴の大群のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 豆柴の大群 / クロちゃん / 安田大サーカス の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。