AIBECK、新体制お披露目ライブでフロアのボルテージを最高潮に

176

AIBECKの新体制お披露目ライブ「Debut LIVE 1st Counter Attack」が12月15日に東京・鹿鳴館で開催された。

AIBECK 「Debut LIVE 1st Counter Attack」で撮影された記念写真。(撮影:ポテヤマムラ)

AIBECK 「Debut LIVE 1st Counter Attack」で撮影された記念写真。(撮影:ポテヤマムラ)

大きなサイズで見る(全6件)

AIBECK 「Debut LIVE 1st Counter Attack」の様子。(撮影:ポテヤマムラ)

AIBECK 「Debut LIVE 1st Counter Attack」の様子。(撮影:ポテヤマムラ)[拡大]

このライブは2019年下半期から続いたオーディションの結果、ひなたゆか、大神のん、となりのアイル、姫野たま子の4人が加入し、再スタートを切ることになった新生AIBECKのお披露目公演。開演前からすでに涙してる観客も多数いる中、SEに合わせてステージに登場した6人は「お待たせしました、AIBECKです」という掛け声をきっかけに「Stay Gold」でライブをスタートさせる。場内に大神の雄叫びが響きわたり、続いて代表曲「OSE!!」が披露されると、フロアの熱気は一気に上昇した。

AIBECK 「Debut LIVE 1st Counter Attack」の様子。(撮影:ポテヤマムラ)

AIBECK 「Debut LIVE 1st Counter Attack」の様子。(撮影:ポテヤマムラ)[拡大]

AIBECK 「Debut LIVE 1st Counter Attack」の様子。(撮影:ポテヤマムラ)

AIBECK 「Debut LIVE 1st Counter Attack」の様子。(撮影:ポテヤマムラ)[拡大]

自己紹介を挟み、「Super Nova」でパフォーマンスの勢いはさらに加速。その後のMCでは塩藤さやのがコロナ禍の中、ファンに会えず、思うように活動できないという自問自答を繰り返す日々が続いたことについて「SNSで元気をくれたり、オンライン通販でサポートしてくれたり、私たちの隣にはいつも君が、君たちがいました。だから今ここに立てています」と感謝の気持ちを述べた。エモーショナルな空気のまま、AIBECKはひなたと星乃さゆみの歌い出しで始まる「愛空」、アカペラでスタートする「Anthem」を披露。フロア一体となった大合唱が繰り広げられる中でライブ本編が締めくくられた。

アンコールではメンバーが1人ずつ今の思いを語るMCを経て、大神の「このまま終わらせるわけないだろ! チェキラー!」という煽りから「CHEKILLER」がパフォーマンスされる。フロアのボルテージを最高潮まで高めたAIBECKはそのままの勢いで「HELLO」を畳みかけ、ラストは新生AIBECKの新曲「Stay Gold」を高らかに歌い上げた。

AIBECKは12月26日に鹿鳴館にて「Debut LIVE 1st Counter Attack」の追加公演を開催。2月22日には東京・clubasiaにて1stワンマンライブを行う。

この記事の画像(全6件)

AIBECK 「Debut LIVE 1st Counter Attack」2020年12月15日 鹿鳴館 セットリスト

01. SE
02. Stay Gold
03. OSE!!
04. Super Nova
05. Wake Up
06. NEXT STEP
07. Show Case
08. 君空色
09. 愛空
10. Anthem
<アンコール>
11. ハレルヤ(SEver.)
12. CHEKILLER
13. HELLO
14. Stay Gold

AIBECK新体制お披露目追加公演

2020年12月26日(土)東京都 鹿鳴館

AIBECK 1stワンマンライブ

2021年2月22日(月)東京都 clubasia

全文を表示

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。