電気グルーヴが無観客でひさびさのライブ、床の上より70分間ノンストップで

1642

電気グルーヴが昨日12月5日に無観客配信ライブ「FROM THE FLOOR ~前略、床の上より~」を、公式ファンクラブ「DENKI GROOVE CUSTOMER CLUB」の会員限定公演として開催した。彼らがライブを行うのは、ピエール瀧の逮捕により中断されたツアー「電気グルーヴ30周年“ウルトラのツアー”」の2019年3月の大阪・Zepp Osaka Bayside公演以来、1年9カ月ぶりとなった。

「FROM THE FLOOR ~前略、床の上より~」配信画面。

「FROM THE FLOOR ~前略、床の上より~」配信画面。

大きなサイズで見る(全23件)

「FROM THE FLOOR ~前略、床の上より~」配信画面。

「FROM THE FLOOR ~前略、床の上より~」配信画面。[拡大]

ライブは8月に配信リリースされた最新曲「Set you Free」でスタート。薄暗い会場内が、酩酊感のある透き通った電子音で満たされていった。この日の電気グルーヴはサポートメンバーの牛尾憲輔(agraph)と吉田サトシを加えた4人編成で、イベントタイトルの通りライブハウスのフロアに機材を置いて、それぞれがフロアの中央を向き合う配置でライブを実施。4人の周りを囲むように円状にカメラスライダーが置かれ、対面しながらパフォーマンスする彼らの姿を外側からぐるぐる周りながら撮影した映像が、生配信の視聴者に届けられた。さらにメンバーの背後には、DEVICEGIRLSのVJが流れる3つのスクリーンが円の内側を向いて設置されており、独特のカメラワークと映像演出によって、メンバーは定位置から一切動かないにもかかわらず、臨場感があり映像作品としても見応えのあるライブ中継になっていた。

「FROM THE FLOOR ~前略、床の上より~」配信画面。

「FROM THE FLOOR ~前略、床の上より~」配信画面。[拡大]

その後も彼らは「人間大統領」「Missing Beatz」と次々に楽曲を披露。石野卓球はひさびさのライブを楽しむように、伸び伸びとしたパフォーマンスを繰り広げた。一方、普段はオーディエンスの煽り役とも言える瀧は、その場から離れずにスタンドマイクを握って歌うことに没頭していた。「B.B.E.」では2人が声をそろえてラップしたのち、曲の終わりで卓球が「スペースインベーダーと」、瀧が「大魔神の」、そして2人そろって「ギャラクシーナイター!」とシャウト。2人の仲のよさに裏打ちされた、息の合ったコンビネーションを見せていた。Netflixアニメ「DEVILMAN crybaby」のテーマ曲「MAN HUMAN」の演奏中は、スクリーンに映るデビルマン風のシルエットや、Kraftwerkの「The Man Machine」を想起させるロシア構成主義風のデザインが視聴者を沸かせた。

「FROM THE FLOOR ~前略、床の上より~」配信画面。

「FROM THE FLOOR ~前略、床の上より~」配信画面。[拡大]

「FROM THE FLOOR ~前略、床の上より~」配信画面。

「FROM THE FLOOR ~前略、床の上より~」配信画面。[拡大]

ライブ終盤に彼らは、近年のライブであまりセットリストに入っていなかった「Nothing's Gonna Change」や、昨年リリースされた結成30周年記念アルバム「30」でリメイクされた「Flashback Disco(is Back!)」という、卓球と瀧の2人組になった1999年のシングル2曲を披露。「Nothing's Gonna Change」の曲名の通り、ライブ活動が停滞したこの時期を経ても電気グルーヴは“何も変わらない”ということを、ライブを観ているファンに改めて印象付けた。そして最後に演奏されたのは「TROPICAL LOVE」。卓球と牛尾が心地いい音色で視聴者をチルアウトさせ、それに寄り添うように吉田がアコースティックギターを爪弾き、瀧はウッドブロックを叩いた。そして曲が終わると同時に、余韻を残すことなく断ち切るようにライブ配信は終了。いつものようなMCなども一切なく、ノンストップで約70分にわたって繰り広げられたこの公演は、これまでの有観客のライブとはひと味違ったストイックさを感じさせる内容になった。

なお、このライブのアーカイブ映像は12月8日まで視聴することが可能。チケットはDENKI GROOVE CUSTOMER CLUB会員限定で12月8日18:00まで販売されている。

この記事の画像(全23件)

電気グルーヴ「FROM THE FLOOR ~前略、床の上より~」2020年12月5日 セットリスト

01. Set you Free
02. 人間大統領
03. Missing Beatz
04. モノノケダンス
05. SHAME
06. B.B.E.
07. SHAMEFUL
08. 顔変わっちゃってる。
09. Fallin' Down
10. Upside Down
11. MAN HUMAN
12. Baby's on Fire
13. Nothing's Gonna Change
14. Flashback Disco(is Back!)
15. TROPICAL LOVE

全文を表示

関連記事

電気グルーヴのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 電気グルーヴ / agraph の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。