音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

日本初フェス「フォークジャンボリー」映画40年ぶりDVD化

89

1970年に開催されれた野外フェス「第2回 全日本フォークジャンボリー」の模様を記録した同年公開のドキュメンタリー映画「だからここに来た!」が、40年の時を経て初めてパッケージ化。12月15日にDVDリリースされる。

「全日本フォークジャンボリー」は岐阜県恵那郡坂下町(現・中津川市)にある椛の湖湖畔で、1969年から1971年にかけて3回開催された日本初の大型野外フェスティバル。「日本のウッドストック」とも呼ばれ70年代を象徴する社会現象になり、吉田拓郎が伝説のステージを繰り広げた第3回には2万人以上の観客が集まった。

この映画には岡林信康&はっぴいえんどによる「私たちの望むものは」をはじめ、小室等と六文銭、斉藤哲夫、はしだのりひことマーガレット、高田渡、遠藤賢司、五つの赤い風船、浅川マキ、杉田次郎、加川良によるパフォーマンスを収録。70年代の日本を吹きぬけた風を感じさせる、貴重な記録映像となっている。

なおDISC 2には特典映像として、写真家の野上眞宏によるはっぴいえんどの未公開写真や、はっぴいえんどにちなんだ場所などの映像、貴重な「風街ろまん」のマルチテープ解説からなる「風都市物語~はっぴいえんどが歩いたTokyo~」を収録。さらに岡林信康と泉谷しげるによる師弟対談の映像も収められる。

収録内容

・岡林信康「だからここに来た」(オープニング)
・小室等と六文銭「ゲンシバクダンの唄」
・斉藤哲夫「斧を持て石を打つがごとく」
・はしだのりひことマーガレット「グッド・バイ」
・高田渡「ごあいさつ」「銭がなけりゃ」
・遠藤賢司「夜汽車のブルース」
・五つの赤い風船「血まみれの鳩」
・五つの赤い風船「これが僕らの道なのか」
・五つの赤い風船「遠い世界に」
・岡林信康&はっぴいえんど「今日をこえて」
・岡林信康&はっぴいえんど「おまわりさんに捧げる唄」
・岡林信康&はっぴいえんど「コペルニクス的転回のすすめ」
・浅川マキ「カモメ」
・浅川マキ「夜があけたら」
・杉田次郎「白い砂」
・加川良「教訓」(挿入曲)
・岡林信康&はっぴいえんど「私たちの望むものは」
・岡林信康「それで自由になったのかい」(エンディング)

監督:中本達男、野村光由
レポーター:吉田日出子

DVD解説:小松善治(フォーク史家)
DVDライナーノーツ:小倉エージ、箭内道彦

音楽ナタリーをフォロー