北村匠海「僕はかわいそうなやつではない。幸せ者だと思っています」感謝を胸に主演作の初日迎える

2548

DISH//北村匠海が、本日10月30日に東京・丸の内ピカデリーで行われた主演映画「とんかつDJアゲ太郎」の初日舞台挨拶に登壇した。

北村匠海(DISH//)

北村匠海(DISH//)

大きなサイズで見る(全8件)

映画「とんかつDJアゲ太郎」は、イーピャオと小山ゆうじろうによる同名マンガの実写化作品。北村演じる渋谷の老舗とんかつ屋「しぶかつ」の跡取り息子・勝又揚太郎が、とんかつもフロアもアゲられる男“とんかつDJアゲ太郎”を目指す様子が描かれる。北村は、今作で映画単独初主演を果たした。

北村匠海(DISH//)

北村匠海(DISH//)[拡大]

舞台挨拶には北村に加え、山本舞香浅香航大池間夏海と監督の二宮健が参加した。新型コロナウイルス感染拡大の影響による公開延期や出演者のスキャンダルなど、数々の困難に見舞われた今作の封切りに際し、北村は「正直この映画をフラットに観てくれる人がどれだけいるのかと不安な気持ちがあったり、今日ここに立つことが少し怖かったり、いろんな思いでいます。でもこの映画はコメディであり、音楽映画であり、そして(アゲ太郎の)サクセスストーリーでもあります。僕1人では演じきれなかったけど、全員に支えられて、この役を走り切ることができました」と声を詰まらせながらコメント。そして「このステージにいる人たち、そしてここにはいないけど一緒に映画を作ってくれた人たちに支えられて、こうして立てていることが心強いです。そしてお金を払って観に来てくれる皆様がいるということに、幸せを感じております」と感謝を口にする。

二宮健監督

二宮健監督[拡大]

本格コメディ初挑戦となった今作の演技については「人を笑わせるのは難しいなと痛感しました。自分で『北村はやれる、絶対にやれる! 北村なら大丈夫』って思っていたんですけど、いざ始まると不安になっちゃって。浅香くんとかに『今の面白かった?』って確認しながらやりました」と苦労があったことを告白。すると二宮監督は「そうやって格闘してる北村くんがとってもかわいくて。アゲ太郎に大事なものの1つに“かわいい”という要素があったので、かわいさがあふれるくらいにじみ出ている映画になったと思う」と自信をのぞかせた。

浅香航大

浅香航大[拡大]

また、アゲ太郎の幼なじみグループ“三代目道玄坂ブラザーズ”の夏目球児を演じた浅香は、北村について「本当に彼はすごい! 尊敬しました」と切り出し「音楽活動もやられているので、撮影を朝から夜までやったあとに(DISH//の)ミュージックビデオ収録やリハをこなして、次の日にまたこっちに来て……」と現場を振り返る。三代目道玄坂ブラザーズは終始ハイテンションなため、控室でもそのテンションをキープしつつ撮影に臨んでいたといい「きっと忙しくて大変な中でも、僕らと同じテンションに合わせて常に現場にいてくれるのは、本当にすごいなと尊敬しました」と北村に言葉を送った。

北村匠海(DISH//)

北村匠海(DISH//)[拡大]

写真撮影を終え、マイクを握った北村は「今日ここに立てて、映画が公開できたことが心の底からうれしいです。僕は決してかわいそうなやつではないし、とても幸せ者だと思っています。本当に人に恵まれて、監督やキャスト、スタッフの皆さんに支えられながらここに立てています。映画のことを話せて本当に幸せ者ですし、皆様が今日ここに来て、作品を観てくれることに関しても本当に感謝しています」と思いを語る。声を震わせながらも最後まで涙をこぼさなかった彼は「素敵な映画です。いろんな要素が詰まったおもちゃ箱のような映画です。ぜひ最後まで楽しんでください」と観客に伝え、舞台挨拶を締めくくった。

この記事の画像(全8件)

関連する特集・インタビュー

北村匠海のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 北村匠海 / DISH// / 浅香航大 / 山本舞香 / 二宮健 / 池間夏海 / とんかつDJアゲ太郎 の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。